にきび跡の赤みの原因と対策





にきび跡は目立たなくなったものの、赤みはそのままということがあります。

毛細血管がにきびができた時に増え、それがそのまま残っていることが理由です。

肌の老化を止めきれず、しみやしわの原因になってしまう原因には、こういったにきびが残した赤み部分のケアが不十分で終わったという場合があります。

ビタミンC誘導体は、このような肌の赤みを緩和する栄養素として知られています。

よく耳にするビタミンCとは違うのでしょうか。

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCのお肌への浸透を高めたもののことです。

お肌の保湿に重要なコラーゲンの合成を助けるなど、肌のコンディションの向上効果もあります。

また皮脂の分泌をコントロールする働きがあるため、にきびやにきび跡の赤みに効果がある化粧品にもよく使われています。

リン酸型ビタミンCの他に、今話題になっているのがバルミチン酸型ビタミンCです。

両者を比較すると、バルミチン型の方が皮膚への浸透率が高いようです。

肌が刺激に弱いという方は、にきび改善にも用いられるナイアシンでコラーゲンを作り、にきび跡対策や赤み対策をするといいでしょう。

また、普段のメイクではにきび跡や赤みはできるだけカムフラージュしたいところですが、そういう時はにきび対応や低刺激の化粧品を使ってください。

天然成分でできたミネラルファンデーションがにきび跡の赤みにはお勧めです。

投稿者 友近由紀子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29635596
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方