にきび跡の赤みを予防する


にきびができても、赤みやにきび跡にならないように注意しましょう。

症状が酷くなってから治すより予防をする方が赤みやにきび跡対策には有効ですから、今ある分を治しながら予防も行ってください。

赤みやにきび跡のない肌になるには、これ以上にきびにならないようにすることも重要です。

にきびになりにくい肌になるには、幾つかの要点を押さえた顔の洗い方をすることでしょう。

顔を洗う前に、洗顔料でいい泡を作りましょう。

キメの細かい泡をたっぷり作り、その泡をお肌に乗せるようにして洗うことで、泡が顔の皮脂汚れをくるみ取ってくれますし、こすって洗う時のような肌への刺激がなく洗えます。

表皮が傷つけば、そこから菌が入り込んで、炎症を起こす可能性もあるのです。

洗顔の重要な点に洗顔料の成分をきっちり洗い流すことがありますが、それをしやすくするためにも、弾力のある泡で顔を洗う習慣をつけましょう。

皮膚にこびりついている皮脂汚れを落とすためと手で擦るように洗う人がいますが、洗顔に力を込めて洗う必要はありません。

あくまでも汚れは泡によって浮き上がらせ、皮脂は石鹸と皮脂とを効率よく化学反応させて落とすのです。

ゴシゴシこすれば表皮が傷つくだけでなく、代謝によって剥がれた皮膚の古い角質が毛穴に押し込まれるので、ますます毛穴が詰まったり広がったりしてしまいます。

赤みやにきび跡が残る肌のケアには、毎日の洗顔が少しずつ効果を及ぼします。

投稿者 友近由紀子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29649591
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方