乾燥肌の仕組みとスキンケア





乾燥肌の仕組みとスキンケアについてお話しましょう。

水分補給をマメに行いつつ、皮膚からの水分蒸発を防ぎ、補給した水分を保ち続けることが、基本的な乾燥肌を防ぐスキンケアの方法です。

男性の肌が乾燥肌になりやすいのには、女性に比べて肌の水分量が少ないうえ、水分の蒸発量が多いという理由があります。

さらに、皮脂の分泌量が多いため、乾燥肌以外のスキントラブルを、女性よりも起こしやすい肌質なのです。

そのようなことからも、スキンケアは女性以上にしなければならないのです。

男性の乾燥肌が悪化していってしまうのは、毎日のひげ剃りで肌の表面を傷つけてしまうことが原因です。

肌表面のバリア機能と相関関係にあるのが、乾燥肌の原因である水分蒸発による水分量低下です。

水分が蒸発するのは、バリア機能が低下するのが原因で、それにより乾燥肌になります。

肌表面のバリア機能を担っているのは、肌の最も上層にある角質層と呼ばれる部分です。

角質層の主な役割は、病原菌や細菌、有害物質をブロックするバリア機能のほか、水分保持および保湿成分の生成です。

乾燥肌のスキンケアではまず、角質層が近接する肌表面を傷つけないようにすることが大切です。

体に強い石鹸成分を擦りつけたり、ひげを古い刃で剃ったりすることはやめましょう。

さらに大切なスキンケアは、外気で汚れた肌を清潔に保つことです。

乾燥肌には、静電気の起きやすい衣服も良くありません。

水分補給や蒸発防止のスキンケアを、化粧水やクリームでするとともに、乾燥肌のスキンケアには、肌に負担をかける習慣を見直してみることが不可欠なのです。

投稿者 友近由紀子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29915512
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方