肌保湿は食生活の改善から


人が生きていくためには毎日のバランスの取れた食生活が欠かせませんが、お肌の健康を考える上でも充実した食生活は欠かすことのできない要素です。

いつまでも十分な保湿のされた肌を保持するには、ビタミンCやAが鍵です。ビタミンCは体内でコラーゲンの合成を促進させ、皮脂の分泌を促す効果があり、お肌の保湿につながります。

ほうれん草やかぼちゃ、ブロッコリー、ピーマン、にんじんなどの野菜や柑橘系の果物はビタミンCがたっぷり含まれています。

緑黄色野菜の温野菜サラダは、食物繊維も豊富で肌の保湿にも腸の調子を整えるためにも有効に作用します。

しかし同じ食べ物や食材をひたすら食べても意味がありません。

肌の保湿のことを考えるならば、バランスを考えながら様々な食べ物を食べることが大事です。食事内容だけでなく、食事時間も不規則にならないことが肌の保湿では大事です。

毎日決まった時間に食事ができるよう調整をし、差し迫った時間の中で流し込むようにものを食べるような食事にしないようにすることが、肌にもいい効果を産み出します。

肌の保湿には、スキンケアだけでなく、栄養バランスの取れた食事も大事です。

また、肌の保湿には十分な水分を取ることも大事です。

ややぬるめの湯を、小分けにして少しずつ飲むといいでしょう。

水分補給は新陳代謝を高めたり、腸の働きを活発にするなどして、肌の保湿効果を高めます。

投稿者 友近由紀子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30390573
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方