肌を保湿する際の注意点について


日頃のスキンケアを地道に行い、正しく顔を洗い続けうことが、肌の保湿には重要です。

軽くはたき込むような洗い方をすることで、朝は爽やかに目が覚めることができます。

夜の洗顔は、朝のように強い刺激を肌に与える必要はありませんので、優しく全体をカバーするように洗顔料を使い、顔を両手でそっと覆ってハンドマスク効果で保湿力を高めてください。

顔の保湿のためのお手入れは、洗顔直後に行います。

保湿に効果的な入浴をすることで顔だけでなく全身の保湿効果も得られますが、そのためには、湯温はややぬるめにするといいでしょう。

全身を洗う際には、石鹸の使いすぎや固いボディブラシなどでのこすりすぎは厳禁です。

お肌を守る角質層を剥いでしまったり、肌を傷めてしまう可能性があります。

こすらず、手のひらや柔らかいタオルで、泡を使って洗うといいでしょう。

保湿成分の入った入浴剤もおすすめです。

入浴後は皮膚がたっぷり水分を吸収しています。

お肌が水分を得てふやけている間に、カサついて気になる部分に保湿剤でケアすると効果的です。

普段からのお手入れが10年先、20年先の肌の状態を決めますので、コツコツとケアを続けましょう。

化学繊維の服は静電気の原因となります。

静電気が発生すると肌が乾燥している部分はかゆくなってしまうことがあるので、冬などは木綿やウールがいいでしょう。

適度な運動をすることで汗をかくと肌への乾燥対策にもなり、代謝の促進効果もあります。

空気の乾燥しやすい季節は加湿器などを活用して調整をしましょう。

食生活とともに、適度な運動を習慣にすることも肌保湿のためのスキンケアには大切なポイントです。

投稿者 友近由紀子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30441536
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方