美白ケアと睡眠について


お肌の美白には上質な睡眠が鍵となります。

ついつい夜遅くまで起きている日が続いていては、美白を実践することは困難です。

そもそも美白ケアには早めの就寝が不可欠です。

美白効果を高めるために成長ホルモンの働きを促すには、夜中の10時には布団に入り2時までぐっすり眠ることです。

布団の中で携帯をいじったり読書に励む方もいますが、美白を目標とするならばやりすぎには注意してください。

熟睡するためには、寝る前のテレビやパソコンもほどほどにしてください。

光を見つめると脳が活性化され、眠りに就きにくくなってしまいます。

就寝前の夜食やお菓子も感心できません。

ニキビや肌荒れのもとです。

特に脂肪分や糖分の多いものは美白ケアの敵です。

普段から摂り過ぎないようにしましょう。

ちなみに美白ケア用の化粧水や美容液は、就寝前に使用すると効果的です。

夜は成長ホルモンが活発になりますので、お肌に浸透しやすくなります。

起床後に施すメイクの出来映えに反映されますので、美白ケアに役立つ方法として実行してみてください。

上質な睡眠を確保するには、適度なストレス発散をすることも大事です。

頭の片隅に常に不満や悩みがあっては、目が冴えてしまってなかなか寝付けないものです。

ストレスを溜めない方法や散らす方法、イライラを長続きさせない方法をあみ出し、お肌のケアや健康維持のためにも良く眠れるようにしましょう。

投稿者 友近由紀子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31160453
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方