頬のたるみの原因と表情筋


頬のたるみの原因には、筋力の低下とコラーゲンの減少があります。

多大なストレスや急激なダイエットも、頬のたるみの原因になります。

頬にもともとあった皮膚が、ダイエットで余ってしまうためにたるみが生じてしまうのです。

それから、太っている人は頬のたるみが、皮膚や筋肉が皮下脂肪の重さに耐えられないことが原因で生じてしまうことがあります。

表情筋は、頬のたるみに密接な関係があるといわれています。

人の顔は、笑ったり泣いたり怒ったりというように、とても多くの表情を持っているものです。

これらの表情は顔の筋肉の働きによって作られ、たくさんの表情をすることで使われる筋肉を表情筋と言います。

年齢とともに、表情筋の筋力が低下してしまうといいます。

表情筋の中で、笑顔に使われる筋肉は一番多く使われますが、老化は、あまり笑わなかったり無表情でいると、どんどん進んでしまうといいます。

ストレスを溜めずに笑いの絶えない生活を送ることが、頬のたるみを予防するのに役立つのです。

たくさんの表情筋を使って、頬を上げるよう意識してしてみましょう。

たくさん笑うことが、頬のたるみ予防になるといるからです。

それから、日頃から口角を意識して上げるようにすることで、表情も美しくなれるうえ、頬のたるみ予防ももちろんできるでしょう。

手のひらで頬を上方に引き上げる運動で表情筋を活発にさせ、血行を良くすることで、頬に張りができ弾力性がよみがえります。

日頃からの習慣にすれば、頬のたるみの対策になります。

投稿者 友近由紀子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31277424
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方