頬のたるみとコラーゲン


コラーゲンは、頬のたるみと非常に深い関係があります。

コラーゲンとは皮膚組織の一つである、真皮内に存在する弾力繊維のことです。

皮膚組織コラーゲンは、たんぱく質の一種で、繊維状になっています。

コラーゲンは皮膚を支える役目を、エラスチンと網の目のように絡み合うことでするだけでなく、ヒアルロン酸といった保水性分などを、その間に大量に保持することで、肌のみずみずしさや弾力をキープするという働きがあります。

肌の弾力を維持するだけではなく、コラーゲンは頬のたるみを防ぐ働きもあるそうです。

コラーゲンを生み出す働きをする繊維芽細胞と呼ばれる細胞が、コラーゲンとエラスチンの間には存在しています。

繊維芽細胞は、加齢とともに働きが次第に鈍くなってしまうので、コラーゲンも徐々に減少してしまいます。

頬のたるみは、コラーゲンが減少することでおきるものです。

コラーゲンが減少したり、紫外線など外からの刺激によりコラーゲンが細くなってしまうと、肌のバネのような弾力が失われてしまい、深いシワやたるみの原因になってしまうのです。

繊維芽細胞も働きが衰えてきたり、コラーゲンは年齢を重ねるとともに変性して硬くなってしまうことで、体内で作られるコラーゲンの量も少なくなります。

体内のコラーゲンを効果的に増やすには、コラーゲンのもとであるたんぱく質を多く摂取するとともに、手軽に摂取できるサプリメントを利用することをおすすめします。

頬のたるみを予防するためにも、コラーゲンのサプリメントを摂取することをおすすめします。

投稿者 友近由紀子
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31305110
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方