紫外線a波とb波の違いについて


紫外線にはa波とb波があり、それぞれに性質が異なりますので、肌の紫外線対策のために知っておきましょう。

私たちが浴びている紫外線の大半はa波です。

人の肌は、表皮の下に保湿成分であるコラーゲンが存在し、コラーゲンが多いほど弾力が良くたるみが少ない状態ですが、紫外線a波はこれらを破壊します。

エネルギー自体はそれほど強くはありませんが、紫外線a波は肌の奧に作用し、肌生来のバリア機能を下げる作用があります。

紫外線a波の恐ろしいところは、天気や季候の変わり目に関係なく、肌をじわじわと侵食していくところです。

空が厚い雲で覆われているから、紫外線対策は必要ないとは考えていませんか。

紫外線a波の波長は長いので、窓ガラスを通って室内にも社内にも続き、肌に作用します。

数年後にはしわやたるみなどの悩みの種となってしまうことも考えられます。

紫外線の肌への影響を考えるなら、夏と同じくらい冬も用心をする必要があります。

紫外線a波は冬場の方が強力ともいいます。

一方、肌の奧にまでは届かないものの、肌表面に赤みやしみを作るのは紫外線b波です。

波長が短く、影響は肌表面に留まりますが影響は無視できません。

たかが日焼けと軽視せずに、特に海水浴や登山に出かける際には普段より念入りな紫外線対策を心掛けていただきたいと思います。

紫外線b波は天候に左右されやすいので、曇りや雨の日などには肌にそれほど影響はなく、心配する必要はありません。

それぞれの紫外線の特性を理解し、状況に応じたお肌の紫外線対策を行っていただくことをお勧めします。

投稿者 友近由紀子
     
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34226393
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方