お肌の紫外線対策クリーム


紫外線対策の効果を表す指標にSPFという数字があります。

サン・プロテクション・ファクターの頭文字で、紫外線対策クリームの持つ、肌への防御能力を示しているものです。

SPF1につき、20分の紫外線防御効果が期待できます。

SPF15であれば15の20倍である300分の間は紫外線に対して肌を守ってもらえると考えることができます。

SPF15の日焼け止めを出かける直前に肌につければ、5時間は紫外線の効果をカットできます。

買い物くらいならばこれで用足りるわけです。

日焼け止めクリームには、SPFの他に+という単位があります。

対象としている紫外線の強さを表しています。

普段の活動や手近な場所へ出かけるだけなら、+が一つだけの日焼け止めクリームで十分に紫外線が防げます。

これが+2個になると、日差しが厳しい日に外に出るという日や、屋外スポーツをする時に使うことが前提です。

日差しがきつい場所や雪山など、特に強力な紫外線対策が必要だという時は、+++の紫外線対策クリームを用いてください。

敏感肌の方が紫外線対策クリームを用いる場合は、紫外線吸収剤が配合されていることもあるため、下地として保湿ジェルなどを塗ってから用いると肌を保護しながら紫外線対策ができます。

肌の紫外線対策クリームは、重ね付けにより効果が高まるものではありませんので注意してください。

例えばSPF15の紫外線対策クリームの上にSPF30の紫外線対策クリームを塗っても、SPF45の効果を得られる訳ではありせん。

+が1個の紫外線対策クリームと、+が2個のの紫外線対策クリームを併用したからといっても+が3個になるといううまい話があるわけがないのでてす。

日焼け止めクリームを混ぜて使うことは、肌への紫外線対策になることではありません。

投稿者 友近由紀子
     
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34226459
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方