子供の紫外線カットについて


紫外線は肌に様々な影響を与えますが、特に日本人の皮膚は紫外線で黒くなりやすいようです。

子供はどういった紫外線カットが必要でしょう。

肌を紫外線からカットする為に、色を黒くしようとメラニン色素を多く作り出しているのです。

強い紫外線を一切カットせずにうけていると、肌を傷める原因になってしまいます。

日焼け止めクリームは、SPF20〜30ほどのものを外で遊ぶ子供にはつけてあげることが紫外線カットになります。

太陽光から子供を守るには、紫外線カット処理がされている帽子をかぶせてあげると、熱射病からも守れます。

プールや海に行く時も、出来れば紫外線のカット率の高い水着を子供には着せましょう。

水着姿になる時は炎天下に肌をさらすことにもなりますので、日焼け止めを使いましょう。

この時、顔には刺激の少ないものを用います。

海水浴では、海水の塩分を肌に付着したままにしておくと、紫外線の作用で肌荒れの要因を作ります。

海から上がったら必ずシャワーを浴びる事を忘れない様にしましょう。

子供の肌が日焼けで赤くなってしまったら、まずはぬるめのシャワーで冷やします。

シャワーのあとは、水で濡らしたタオルや氷水を入れた袋を患部に当てて火照った体を冷やしてあげましょう。

日焼けによる炎症を緩和するための鎮静消炎剤軟膏も販売されていますので、それらでケアをしましょう。

紫外線カットに関しては、大人ほど子どもは肌を傷めることはないようですが、それも程度問題です。紫外線カットはきちんと行いましょう。

投稿者 友近由紀子
     
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局

東京安心安全美容整形外科|座敷豚の簡単ダイエット|美容整形外科医のお肌の悩み解決箱
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34300650
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方