肌質とスキンケア選び


肌質に合わせて販売されているものも、スキンケア商品にはあります。

個人個人の肌質もスキンケア選びには、大きく関係してくるからです。

人の肌は大きく分けて4タイプに分類されます。

敏感肌、混合肌、脂性肌、普通肌の4つです。

年齢や季節、生活習慣などによっても変わりますので、肌質は常に同じではありません。

決して肌質がいつの間にか変わっていたということも珍しくないといえるでしょう。

前の晩ににスキンケアをして、肌の状態を翌朝に確認するとよくわかるのが、前の日の晩のお手入れが肌にいいものだったかどうかということです。

さっぱりしたスキンケア用品に切り替えたほうが良いのは、脂っぽさがひどいときです。

保湿目的で販売されている化粧品や美容液を、乾燥している場合は使うようにしましょう。

肌の状態は、昼の場合はファンデーションの変化でわかるでしょう。

脂っぽいところは脂浮きや化粧くずれが、乾燥しているところは粉っぽさや細かい縦ジワができます。

化粧水には、セラミド配合のものやヒアルロン酸配合の商品が販売されています。

最近はストレスや環境変化に伴い敏感肌の人が増えているため、スキンケア用品でも敏感肌用の化粧品が多く販売されています。

混合肌といって、乾燥肌と脂性肌が混じった方もいるのではないでしょうか。

アルコールフリーで販売されているスキンケア商品を使って、肌のバリア機能をこれ以上損なわないように気をつけましょう。

投稿者 友近由紀子
     
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
東京安心安全美容整形外科|座敷豚の簡単ダイエット|楽々簡単ダイエット講座
お肌の悩み解決箱|サプリメントの基礎知識|Blogger of dietfever
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34593129
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方