顔のたるみ原因


いわゆる老化現象のひとつとされているのが、顔のたるみです。

原因としてまずあげられるのが皮膚の弾力の衰えでしょう。

肌の張りはコラーゲンによって保たれています。

肌の血行が年齢とともに悪くなり、コラーゲンの合成機能が、細胞に栄養分が行き渡らないことによって低下し、顔のたるみが起こってしまうといいます。

もうひとつわかっているのは、老化だけが顔のたるみの原因ではないということです。

顔にたるみができる原因のひとつには、日々のストレスや紫外線等による影響など、活性酸素が発生した場合におきるコラーゲンの破壊もあるということです。

急激に太ってしまうと、皮下脂肪の重みに筋肉や皮膚が耐え切れなくなり、顔のたるみが発生する場合もあるようです。

実は急激な肥満も、急激なダイエットも要注意で、急激に痩せると皮膚が余ることによって、顔の皮膚がたるんでしまうケースもあるのです。

皮膚の張りが失われることによって、顔の表情筋が垂れ下がることで顔のたるみは発生してしまいます。

体のむくみも、顔のたるみの原因になる場合がありますし、加齢で筋肉自体が減少しても、顔のたるみの要因となってしまいます。

余分な水分を、きちんとしたケアを行わずに身体に溜め込み続けると、顔だけではなく身体全体にも悪い影響を及ぼすことがあります。

余分な水分が、むくみによって少しずつ蓄積されていきます。

皮膚が水分の重みで垂れ下がってしまい、まぶたのたるみや顔のたるみへとつながることもあるので、気をつけたほうが良いでしょう。

投稿者 友近由紀子
     
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
東京安心安全美容整形外科|座敷豚の簡単ダイエット|楽々簡単ダイエット講座
お肌の悩み解決箱|サプリメントの基礎知識|Blogger of dietfever
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34593234
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方