保湿クリームの使い方


保湿クリームと美容液はどう違うのでしょうか。

一般的に美容液より保湿クリームの方が肌への美容効果が期待出来るといわれています。

医薬部外品あるいは医薬品として販売されている保湿クリームは、皮膚軟化剤や保湿剤が含まれるスキンケア用品です。

保湿効果のある美容液もありますが、美容液は美白や肌の栄養添加にも役に立ちます。

肌のタイプが脂性タイプあるいは普通タイプなら、美容液と保湿クリームのどちらでもスキンケアに有効です。

乾燥肌や湿疹等の肌トラブルを伴う場合は、薬効成分を多く含む医薬品の保湿クリームの使用をお薦めします。

肌から水分が失われるとかゆくなりがちですが、うっかりかきすぎて肌に傷がつかないようにしましょう。

成分表示に尿素と書かれている保湿クリームが、皮膚の乾燥緩和には役に立つでしょう。

保湿クリームには油分が含まれているので、気になる人はオイルフリーのジェル状の保湿クリームがおすすめですが、ジェル状の保湿クリームの保湿成分は蒸発しやすいそうです。

肌から水分が逃げていってしまわないよう、入浴後や洗顔後の肌に十分なスキンケアをしてから、保湿クリームを塗ります。

保湿クリームで肌からの水分蒸発を防止することにより、化粧水を施して肌に与えた水分が空気中に出て行ってしまわないようにします。

化粧水の中にはアルコールが入っているものもありますが、アルコール成分は肌の水分を奪うことがあるので、利用時には気をつけてください。

自分の肌の状態や生活環境と考え合わせて化粧品を試用しつつ、化粧水を肌に浸透させた直後にいい保湿クリームで肌を塞いでください。

投稿者 友近由紀子
     
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
東京安心安全美容整形外科|座敷豚の簡単ダイエット|楽々簡単ダイエット講座
お肌の悩み解決箱|サプリメントの基礎知識|Blogger of dietfever
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34873521
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方