ケミカルピーリングとは


肌ケアのひとつにケミカルピーリングがあります。

古くなった肌細胞を除去し、その下層から新しい肌細胞がどんどん作られるように、金属アルミナや酸性の化学物質を皮膚につけて肌をリフレッシュさせるというものがピーリングの基本です。

一般にシミ、くすみ、小じわ、ニキビなどに効果があるとされています。

ケミカルピーリングは、様々なピーリングの中でも特に知名度が高い方法といえます。

ケミカルピーリングはスキンケアに用いられる手法で、酸によって皮膚の再生機能を活性化させ若々しいお肌を作るというものです。

くすんで乾いた古い皮膚を落とし、再生力の高まった若々しくみずみずしい肌がケミカルピーリングでは期待できます。

ケミカルピーリングは治療目的によって使用する薬剤や皮膚の溶かす深さが変わるとされています。

フェノールやTCAなどのトリクロロ酢酸や、AHAのグリコール酸や乳酸がケミカルピーリングでは盛んに活用されていると言われています。

最近よく使われるケミカルピーリングの薬剤は、皮膚のどの位置まで影響を与えるといいか調整のしやすいAHAとなっています。

AHAはフルーツ酸とも呼ばれ、リンゴやブドウ、オレンジなどに含まれている酸を使います。

フルーツ酸の作用で年をとった細胞を剥離させ、コラーゲンを生成する繊維芽細胞に刺激を与えて肌の再生を促すという仕組みです。

酸性の薬剤にどういった効果があるか認識した上でケミカルピーリングの活用を検討してください。

投稿者 友近由紀子
     
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
東京安心安全美容整形外科|座敷豚の簡単ダイエット|楽々簡単ダイエット講座
お肌の悩み解決箱|サプリメントの基礎知識|Blogger of dietfever
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35204517
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方