ムダ毛処理で気をつけたいこと


まず肌表面の汚れを落とし、きれいな状態で行うことがムダ毛処理のコツです。

ムダ毛の処理後の肌を清潔にし、ムダ毛の抑制効果のあるジェルなどでケアを念入りの行うことも大切です。

毛抜きを使って1本1本ムダ毛を抜いていくことが、肌へのダメージは大きいと言われています。

肌への負荷を考えると、毛抜きで抜く方法は一番肌を傷めてしまいやすいものと考えてもいいものでしょう。

毛抜きで抜いたために皮膚が切れてしまったり、肌トラブルを引き起こすことがあります。

成長途上のムダ毛を強引に抜いたことで、何本かの毛に分かれてそこからムダ毛が伸びてきてしまうというケースもあります。

毛穴が黒くなり、毛が皮膚の下に埋まったまま伸び化膿するケースもありますので注意しましょう。

カミソリでの剃毛は、肌への負担の大きい脱毛方法です。

痛くなく、時間もさほどかけずにできますので、かみそりでのムダ毛処理を日常的に行っている人は少なくありません。

カミソリでムダ毛を剃ると、同時に皮膚も削り取って入るために、頻繁に処理を繰り返していると慢性的な剃刀負けを起こすこともあります。

脇の下に黒い色が沈着したり、ヒリヒリしたり、皮膚が炎症を起こすといったことが起こりえるようです。

風呂に入った時にムダ毛をカミソリで剃っている方は多いようですが、湿気や雑菌が多い風呂場のカミソリは衛生的に問題がある場合もあります。

投稿者 友近由紀子
     
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
東京安心安全美容整形外科|座敷豚の簡単ダイエット|楽々簡単ダイエット講座
お肌の悩み解決箱|サプリメントの基礎知識|Blogger of dietfever
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35258855
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方