最先端のにきび治療


皮膚科の医療機関や美容皮膚科の診察を受けると、にきび治療をレーザーでしてもらえます。

かつては、肌質によってはレーザーは火傷状の赤みができる等の欠点がありましたが、近年では安全性も増しています。

にきびをケアしたりにきび跡を目立たなくするためには、特別なレーザーを肌に当てて治療を行うというものです。

該当部位にレーザーを照射することにより、にきびの源となるアクネ菌を殺すといった方法でにきびの治療を行っています。

炭酸ガスレーザーはごく小さなにきび跡に対して用いることができる、肌をなめらかにするものです。

にきび治療をレーザーで行った場合、術後の腫れが生じる場合がありますが、何日かすると腫れが引きます。

にきび治療には、フォトセラピーも導入されています。

これはフラッシュランプを用いたにきび治療です。

にきびに対してだけでなく、痕になったにきびを目立たなくすることもフォトセラピーは可能で、レーザーより弱い光を使います。

フォトセラピーでは、3週間に1度を5回続けます。

ただレーザー光を当てるではなく、おらかじめ光に反応するものを肌に塗布してからレーザー治療を施すことによって、効果を高めることが期待できるといわれています。

にきびの原因菌となるアクネ菌をフォトダイナミックによって滅菌することで、にきびの治療だけでなく予防にもなります。

にきび治療はどんどん新しい方法が開発されています。

医師と相談の上、自分のにきびの状態に適したにきび治療法を受けてみるのも良いと思います。

投稿者 友近由紀子
     
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
東京安心安全美容整形外科|座敷豚の簡単ダイエット|楽々簡単ダイエット講座
お肌の悩み解決箱|サプリメントの基礎知識|Blogger of dietfever
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/37216226
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方