乾燥肌の原因は間違ったスキンケア


家系的に乾燥肌になりがちだという方もいますが、乾燥肌の多くは肌に合わないスキンケアや、年齢の影響によるものなどです。

先天的になる場合は、アトピーなど他のトラブル抱えている場合もあります。

より複雑で乾燥肌とうまくつき合っていかなくてはならないでしょう。

生まれつきの乾燥肌だと思っていたものが、普段のお手入れや年齢の影響によって肌の水分が少なくなっていたためというケースも存在します。

男性ホルモンの減少が原因で、女性は25歳ごろ、男性は50歳ごろから減り始め皮脂の分泌が少なくなるといわれています。

スキンケアが肌に合わないものであるために、乾燥肌の症状が出ている人が多いことは見落とされがちです。

クレンジングをオイルクレンジング、油性ジェルなど油性のものを毎日使用していると、本当は必要な皮脂まで奪ってしまい乾燥肌にしてしまうことがあるのです。

油性のものは、きっちりとメイクをした時だけにとどめたほうがよいでしょう。

顔を洗うお湯が熱めの場合、必要な油分も溶かしてしまって乾燥肌になることもあります。

また、顔を洗う時に強くこすりすぎたり、ファンデーションをつける場合にスポンジで肌をこすりすぎると角質層の剥離を促し、肌の水分が蒸発しやすく刺激に敏感になってしまうといいます。

乾燥肌の原因となる肌の水分の減少は、何らかの理由で肌の油分やコーティング部分がなくなって水分が出て行くことがあります。

不適切なスキンケアによる乾燥肌ならば、先天的理由や加齢による水分の減少と違って、何をどうすれば肌を乾燥から守ることができるのかが明確になっているともいえるでしょう。

顔の洗い方に気を配るだけでも乾燥肌に水分が戻ることもあります。

正しいスキンケアのためもにも、顔の洗い方や化粧品の使い方を見直してみてください。

投稿者 友近由紀子
     
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
東京安心安全美容整形外科|座敷豚の簡単ダイエット|楽々簡単ダイエット講座
お肌の悩み解決箱|サプリメントの基礎知識|Blogger of dietfever
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38494209
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方