思春期のニキビ


思春期ニキビが出来る原因は様々です。
男性ホルモンは皮脂腺を刺激し活発化させる働きをしますが、思春期は男女問わずこの男性ホルモンの分泌が活発化します。
思春期ニキビができやすくなる原因には、この男性ホルモンによる皮脂腺の活発化があると考えられています。
たとえ女の子でも、思春期に入ると男性ホルモンの分泌が活発になり多く分泌されることが判明しています。
男性ホルモンは毛穴の皮脂腺に影響し皮脂がたくさん分泌される原因になるため、思春期に発生するニキビの原因になっていると考えられているのです。
皮脂腺からは絶えず皮脂が分泌されているものですが、思春期には分泌量が増えて毛穴の角質層が厚くなります。
白ニキビは皮脂によって狭まった毛穴に脂肪が詰まることで発生するもので、白いものは脂肪分です。
この白ニキビにニキビ菌がとりつくと毛嚢の部分が炎症を起こし、膿などもできて赤く腫れた赤ニキビになってしまいます。
思春期のニキビはその時だけのもので、成長するに従って治っていくものと考えられています。
思春期ニキビの原因は男性ホルモンによるものなので、ホルモンバランスの正常化に伴い改善されていきます。
過剰な皮脂分泌は男性ホルモンの減少に伴って次第に落ち着いてくるので、思春期の終わり頃にはニキビも少なくなっていきます。
ニキビにならないためには、思春期の頃は過度な化粧をせずに皮膚を清潔にしておくひとも大事です。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9665265

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方