ニキビの皮膚科治療


顔のあちこちにニキビが出るとそれだけで気になって、容姿に自信がなくなったり、人と会いたくなくなることもあります。
あまりにもニキビがひどくて気になるようならば、1人で悩み続けず専門家の判断を仰ぐことが一番です。
皮膚科ですので、症状によって外用薬と内服が処方されます。
病院では、処方薬として皮膚表面の脱脂作用がある塗り薬やクリーム、あるいは余分な皮脂を皮膚の表面へ排出させるような薬剤が外用薬として処方されます。
実際の症状に合わせて適切に処方してもらえます。内服薬としても、ビタミンB2、B6などのニキビ治療に有効なビタミン剤などがあります。
状況の変化に応じて必要な処方もその都度出してもらえるし、個別に見てもらえるので安心できます。
近頃では、先進的な治療を率先して行う美容内科の数も増大しています。
上記の基本的な治療の他に、ピーリング・レチノイン酸・イオン導入などを取り入れて、ニキビ治療から美肌を目指した治療をする病院も増えてきました。
ニキビを治すためにはやや高額なお金をかけても構わない人や、美肌を目指す人におすすめです。
ただし、ニキビを治す方法としては、薬に頼らずに基本的な生活習慣を見直し、ストレスや食生活の乱れをただし皮膚を清潔に保つ方法見直されつつあります。
自分のニキビの原因を知り、それぞれに合った方法を見いだすことが大切です。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9665357

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方