にきびの原因


にきびというのは余分な皮脂分泌が原因となって、毛穴が詰まってしまうことでおこる皮膚の炎症です。
単なるにきびと考えずに皮膚の病気と捉えてきちんとした治療をすることが必要でしょう。
にきびの原因となるものはその症状によって実に様々です。
ひとつはにきびの初期症状にあたるもので、白にきびといいます。これは毛穴が詰まって皮膚の表面に白く盛り上がった状態になることです。
白にきびを防ぐには毎日適切な洗顔を行い、皮脂がきちんと排出されるようにすることです。
何故なら白にきびの主な原因は毛穴が閉じてしまうことだからです。
また黒にきびというものもあります。
これは毛穴内部に詰まった皮脂が、毛穴の外に押し上げられてしまい毛穴が開いて入り口のところで黒ずみ、酸化している状態です。黒にきびの原因も過剰な皮脂分泌と毛穴のつまりが原因です。
さらに軽症の白にきびや黒にきびを放っておいたことにより、毛穴に炎症をおこしてしまった状態が赤にきびです。
ここまで悪化してしまうと、日々の洗顔や食事のコントロールでは治りにくくなってしまいます。
そしてストレスによってますます悪化してしまう危険性があるのです。
またこの赤にきびがそれ以上に悪化すると「化膿にきび」になってしまいます。
化膿にきびにはアクネ菌が深く関係しています。
アクネ菌は皮膚を栄養にして増殖する菌で、炎症をおこしている毛穴の内部を化膿させます。
この状態になると痛みや痒みもおこってくるでしょう。
これらのようにひきびと言ってもその症状には段階があるのです。ですからそれぞれの段階に適した治療をすることが改善につながります。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/9708978

この記事へのトラックバック
脚痩せるんるん♪美脚の創り方