にきびとにきび痕について


肌のトラブルのひとつであるにきびとはどういう症状なのでしょうか。

にきびは医学的には尋常性座瘡(じんじょうせいざしょう)と呼ばれています。

年齢に関係なく尋常性座瘡が出来る条件が揃えば発症しますから実は、10代でも40代でもにきびは出来るのです。

20歳過ぎたら吹き出物というわけではないといえます。

大変にきびに悩む方は多く、それと同様ににきび痕を治したいと希望する人も大勢いるといえます。

大きく分別すると、にきび痕は2種類になります。

まず1つ目は、肌表面がデコボコしている状態で、これはにきび痕が陥没しているものです。

アクネスカーとも呼ばれるにきび痕は、細菌の増殖によって炎症が起きてしまった、赤にきび以降の段階で作られることが多いようです。

なかでも膿胞や膿腫に迄進行して、これを気にしてつぶしてしまうと、にきび痕が皮膚に残りやすくなります。

ケロイドやクレーターの様になってしまうこともあるでしょう。

治りにくいにきび痕は、一生残ってしまうような事も場合によってはあるようです。

そして2つ目のにきびの痕は、シミの様に色素沈着している状態です。

にきびの痕に出来る色素沈着も、にきびの後遺症といえるものです。

色素沈着というのはシミの事をいいますが、炎症後色素沈着というのは、にきびばかりでなく、炎症を起こした部分に出来やすい色素沈着の一種です。

ということは、気をつけなければならないのは、傷が出来た痕や化粧品や薬品によってかぶれが生じた後にも、シミが残ってしまう事があるということです。

わきの脱毛を自分でする方法


自分でわきの脱毛ができるのならば、わきを脱毛する方法のなかでも一番簡単で手軽な脱毛方法だといえるでしょう。

わきの脱毛を自分でする方法としては次のようなものがあげられます。

毛抜きで抜く方法、かみそりなどを使って剃る方法、脱毛用器具などを使って抜くなどです。

わき毛を抜くときに、毛抜きを使う方法はわきの毛の量が少ない人に良いやり方です。

毛抜きを使って脱毛するには量の多い人は時間もかかりますが、注意しなければならないのは抜き方や抜く状況によって、わき毛の量が多い分炎症を起こす可能性もあるということです。

かみそりを使ってわきを自分で脱毛する場合も同じです。

脱毛クリームを使ったわきの脱毛方法もあります。

脱毛クリームの利点は何といっても痛みを伴わないことです。

この脱毛クリームは塗られた部分の毛を溶かして無くすことで脱毛効果があります。

しかし脱毛クリームにはデメリットもあります。

薬品を肌に塗って毛を溶かすものですから、肌にかける負担も高いといえるのです。

アレルギー反応などがでないか、脱毛クリームを使う際にはパッチテストを行ってみることが大切です。

わき用の脱毛器を使う方法も自宅で自分でできる方法です。

わき専用の脱毛器もありますが、脱毛器のヘッドを変えるだけで足や腕の無駄毛を脱毛することができるものの人気が高いようです。

脱毛機の使用前、使用後は肌のケアをした方が良いようです。

多少の痛みを伴うこともある可能性があるからです。

にきび洗顔の注意する点


にきび予防、にきび肌改善には、正しい洗顔が最も基本的なスキンケア方法です。

とはいえ、洗顔手順が間違っていなくても、洗顔剤の選択や洗顔回数を間違うと、お肌に負担がかかります。

にきび予防、にきび肌改善のための正しい洗顔は1日に2〜3回までで、それ以上は洗いすぎです。

洗いすぎは逆に毛穴からの脂質の分泌が激しくなり、ちょっとしたことでニキビが出来やすくなるようです。

洗顔は日に2回程度にとどめ、無闇に洗い流さないようにして下さい。

そして、顔を洗う時に使用する石けんも納得のいくものにしましょう。

直接肌に触れるものだけあって、慎重に選ばないと、洗顔料の刺激で肌が荒れてしまうこともあります。

にきびのケアのためにと念入りに顔を洗っていても、合わない洗顔剤で刺激を与えすぎるとにきび以上に肌が悪化することもあります。

肌は季節によって皮脂の分泌量が違うので、夏と冬とでは、洗顔料を変えてみる事にも注意してみましょう。

冬期に使う洗顔料は、肌に十分な潤いを与える、保湿性の高いものを選んでください。

冬は湿度が低く、肌は水気を失いがちです。

タオルも肌にやさしいものを使用します。

強くこすると肌を傷めてしまうので注意が必要です。

タオルはやさしく押さえるがポイントとなります。

皮膚を形成する角質層の部分は本当に薄くデリケートな部分ですので、タオルで拭くという動作はどうしても肌に負担がかかるものです。

適切な洗顔方法を身につけることで、洗顔を通してにきび予防、にきび解消に取り組みましょう。
脚痩せるんるん♪美脚の創り方