にきびのケアに漢方薬を用いる方法


にきびの改善のために漢方薬を用いるという方法があるのをご存知でしょうか。

にきびは様々な原因で起こる症状であり、ストレスや食習慣、肌質やホルモンバランスなど人によってそれぞれにきびの原因は違います。

にきびのケアを漢方薬でする場合は、原因や状況によってにきびの症状が似ていても処方が変わるものです。

個人別にそれぞれのにきびができる理由に合わせて処方ができることが漢方によるにきびケアの利点ではないでしょうか。

漢方薬は効き目がゆっくりで即効性はありませんが、にきび治療での漢方は1ヶ月弱ほどで効果が出始めるようです。

漢方薬はにきびの再発防止にもなります。

体質改善によってにきびを根本から直すことができるからです。

にきびのできる根本的な原因を取り除く一方、漢方薬は体の中から働きかけてにきび跡の色素沈着などのケアにも効果的なようです。

にきびは顔だけでなく背中にも出ます。

背中には皮脂腺が多いからです。

体質改善を漢方薬ではかることでなかなか手の届きにくい背中のにきびの改善もできるでしょう。

漢方薬は同じ名前の薬でも濃度に差があるものです。

購入できるのは薬局やドラッグストアなどです。

時間をかけてじっくり服用するものである漢方は、漢方専門店などで専門家に相談し、素人判断では薬を選ばないほうが良いでしょう。

自分に合った漢方薬を処方してもらうことがにきびケアのために理想的です。

にきびのケアの注意点


毎日の生活習慣を改善していことが、にきびのケアにとって大事なことです。

肌のターンオーバーが乱れる原因は、不規則な生活習慣や睡眠不足によってホルモンバランスが崩れることです。

ですから、十分な睡眠はにきび予防にとって重要なことなのです。

角質が厚くなって毛穴を塞ぎ、にきびの原因になる理由は肌のターンオーバーが乱れることです。

また、お肌が作られる時間は夜11時〜午前2時頃です。

にきびのケアには、この時間に十分な睡眠を取ると肌の回復を早め新しい肌が作られますので非常に効果があります。

女性の場合は、排卵後に普段よりにきびができやすい状態になります。

黄体ホルモンの分泌量が増えると皮脂の分泌量が多くなる上に肌が敏感になっていることもよくあるからです。

この時期は特に念入りににきびのケアをしてあげましょう。

実にさまざまなにきびのケアができる化粧品が販売されています。

皮脂の分泌が多い時は乳液やクリームなど油分の多い化粧品を使わずとも、保湿成分のある化粧水などで、にきびのケアは十分なこともあります。

また、ストレスがホルモンバランスを崩しにきびの元になることがあります。

肌にストレスがかかる原因は、生活や食事のリズムが崩れることですので、規則正しい生活がにきびのケアになるでしょう。

自分なりのストレス発散法でストレスのない体作りをすることも、にきびケアのためには大切なことです。

温浴やアロマでリラックスしたり、運動をするなどしてストレスをためないようにしていきましょう。

にきびケアの化粧品


安心してにきびのある肌、にきび跡が残った肌にも使えるにきびケアをするための化粧品というのはあるのでしょうか。
化粧品でにきび跡を隠すことばかり考えていては、ついついメイクが厚くなってしまいます。
毎日のメイクは休めませんが、これでは本当の肌は悪くなるばかりで、肌への負担も増してしまいます。
化粧品は、にきびができている肌にも優しいものを使うことで、肌に負担にならないメイクをするようにしていきたいものです。
いろいろな化粧品の中でもにきびケア用のものは、各メーカーからシリーズで売られています。
中でもにきびケアに向いているのは無添加、自然派の化粧品だといえます。
化粧品の中でも油性のものは、毛穴を塞ぎにきびを悪化させてしまいます。
それによりにきび跡を増やしてしまいますので使用しないことです。
にきびケアの化粧品には硫黄の入ったものがあります。
若い人の肌には向いていますがある程度年齢のいった大人向きではないといえます。
カサカサしてかえって肌が荒れる原因になりますので注意したいものです。
にきび跡を作らないためには、にきびを作らないことが大事です。にきびは洗顔が不十分で化粧品が十分に落ちていなかったり、汚れた手で触ったことが原因でできることがあります。
またストレスや生活習慣の乱れから発生する場合もあるでしょう。にきび跡には根本的な部分からの改善を心がけながら、化粧品でにきびをケアしていくことが重要なことです。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方