にきび対策のための化粧水


どのような化粧水をにきびのできやすい人、にきび跡が残る人は使うと良いのでしょうか。
また何に注意してにきびができてしまったときの化粧をすればよいのでしょうか。
にきび跡があることを理由にして化粧水を控えめにする人が案外多いようです。
肌がベタベタするのを避けたい気持ちにはなりますが、保湿はにきび予防にもにきび跡のケアにも不可欠です。
化粧水の使用を控えてしまって保湿がおざなりでは、皮膚は肌を乾燥から守るために余計な皮脂を分泌し、その皮脂によってにきびが増え、逆ににきび跡も悪化します。
肌に潤いを与え余計な皮脂が出ないようにすることが、化粧水の目的だといえます。
自分の肌質に合った化粧水を選ぶと、にきび跡のケアにもなりますので、脂性肌の人は化粧水で水分や油分を補うことに抵抗があるかもしれませんが化粧水を使いましょう。
脂性肌の人はさっぱりタイプの化粧水がお勧めです。
ただアルコールが含まれている化粧水はにきびが化膿しているとヒリヒリするので気をつけましょう。
アルコールの入っていないタイプの化粧水を、にきびの状態がおもわしくない時には使用するようにしましょう。
しっとりタイプの化粧水は乾燥肌の人におすすめです。
コットンで優しくパッティングをしながら肌へ保湿成分をしみこませましょう。
化粧水が古くなった場合は、肌にもにきび跡にも良くない影響を与えますのでつけないようにしてください。
捨てるのはもったいないと思う人もいるかもしれませんが処分するほかないのです。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

にきびケアと化粧品


もしにきびが出てしまった時はメイクを控えることが大切です。
またにきびを予防したり、にきび跡のケアをするには、日頃から自分に合った基礎化粧品を選択するようにしましょう。
自分にあった洗顔料を用いて、洗顔をするという適切な肌のケアがにきび跡のケアにも影響をあたえるといえます。
化粧品の中でも、メイク用のものはにきび跡のケアには不向きです。
さらに肌にあまり良くないものはファンデーションです。
これは毛穴を塞ぎにきびを悪化させる原因となってしまいます。
注意しなければならないのは、ごしごしこすったり、刺激の強い化粧品を使うことです。
これはにきび跡を濃くする原因となってしまいます。
それから刺激の強い化粧品や肌に負担となるものの使用は控えるようにしましょう。
にきびがある時は肌が敏感になっているからです。
クレンジングで化粧品を落とす時は、油分が少なく刺激の少ないものを選ぶ必要があります。
なかには油の落ちがよいからという理由で、オイルクレンジングを使用する人がいます。
にきび跡には、成分に油分が含まれているオイルクレンジングは毛穴に残ることがありますので避けたいものです。
オイルフリーの流せるタイプのクレンジングが肌への刺激が少なく、クレンジングをするにはおすすめなのです。
最近よく使われている拭き取りタイプのクレンジングはにきび跡にはあまりよくありません。
化粧品を完全に汚れを落としきれるものではありませんし、防腐剤や防カビ剤が含まれているからです。
化粧品は自分の肌に適したものを選択するということがにきびのケアには大切なことだといえるでしょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

アイプチで二重になりたい


二重まぶたに憧れる女性は今世の中に大勢いるといえます。
そんな二重になりたい女性におすすめなのが整形せず手軽に二重まぶたになれるアイプチです。
まぶたの上につける接着剤のようなものがアイプチで、メイク感覚で二重まぶたを手軽に作ることが可能です。
コツつかむまでアイプチで二重を作ることは難しいかもしれません。
しかし慣れてしまえば簡単に二重まぶたを手に入れることができるでしょう。
さらに高価な整形手術をすることと比べると、お金もそれほどかからないものです。
二重になりたい人にとってはうってつけの化粧品だといえます。
アイプチはコツをつかむまでは練習をしないと不自然な二重になってしまったり、ボロボロになって白い糊が出てしまったりするので注意が必要です。
まぶたの皮膚に色素沈着や肌荒れの原因となる可能性がアイプチをずっと使い続けることによって生じますので、二重になりたい人が利用する場合注意が必要です。
肌のことを考えると、二重になりたいからといって何年もの間、朝から晩まで使い続けるのはよくないかもしれません。
このアイプチには2種類あり、ひとつは二重のりを使うもの、もうひとつは二重テープを使うものです。
自分の肌やまぶたの状態に合うものは、使ってみないとなかなかわかりませんので、いろいろと試してみてから使うようにすると良いかもしれません。
アイプチの特徴をよく知ったうえで、自分にぴったりのものを使って、メイクのひとつとして活用することを二重になりたい人にはおすすめしたいと思います。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方