背中のにきび跡の治療法


にきび跡が背中にできてしまったときは、どのように治療したら良いのでしょうか。
まずひとつめは治療にイオン導入を取り入れたものです。
イオン導入は針を使わない注射を使った治療法で、最近背中のにきび跡の治療法として話題になっているようです。
イオンを導入すると、通常より多くビタミンCをにきび跡に対して浸透させることができるのです。
これによりメラニンの生成を抑えることができ、背中のにきび跡を取ることも可能です。
また背中にきびの炎症を抑えて色素沈着を防止しますので、にきび跡の治療には大変効果的だといえます。
加えて電流を微弱に流すことでビタミンやプラセンタを皮膚の深い部分まで浸透させていきます。
これで背中にきび跡のしみやしわまで改善できる効果があります。にきび跡の無いきれいな背中を取り戻すことが、このイオン導入の治療法を利用することでできるといえるでしょう。
背中にきび跡の治療法はこのほかにもあります。
レチノイン酸を使う治療法です。
このレチノイン酸というのはビタミンÅ誘導体の一種です。
その働きは肌の細胞を活性化させてターンオーバーを促すことです。
コラーゲンの生成も促すレチノイン酸のおかげで、新しい細胞が生成され背中のにきび跡を押上げてくれますので、背中にきび跡がうまく治療できるのだといえます。
悩んでいる人は、背中にきび跡の治療は最近どんどん進化していまので、何かしら一度試してみるとよいかもしれません。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

背中のにきび跡が残る原因


背中ににきびができてしまったときに十分にケアをせずに悪化させてしまうと、その後にきび跡として残ってしまうことがあります。にきびがひどくなってしまうことが、にきびの跡の残る原因です。これはにきびができてしまったときにきちんとケアをしなかったことによるものです。
そのうえ背中のにきびは顔とは違いなかなか気がつくことができません。
気がつかないまま放置してしまってそれが悪化してしまいます。
そのせいで背中ににきび跡ができていたということが多いようです。
にきびが跡になって残る原因のひとつとして、背中ににきびができてしまったときに、それを潰してしまうということがあげられます。
にきびの跡を残さないように、潰してしまう前に対処しなくてはなりません。
背中のにきび跡の具体的な症状としては、肌に色素沈着が残ったり凸凹のクレーターが残ったりすることがあげられます。
にきび跡がクレーター状態の場合は、角質層の真皮層やその下の組織にまでも背中にきびの炎症が及んでしまっているようです。
背中にきびが重症化してダメージを受けると回復するのが難しくなってしまいます。
真皮まで傷ついているからです。
そのためにきび跡は一生残ってしまう可能性があるものです。
にきび跡を残さないためにも背中ににきびができてしまった場合は早めに適切な治療をするようにすることをおすすめします。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

背中のにきびの原因


顔のにきびで悩んでいる人が多いのはよく知られていることですが、実は背中にもにきびができることをご存知でしょうか。
いろいろと背中のにきびができる原因はありますが、アクネ菌はそのひとつといわれています。
アクネ菌というのは顔などの皮膚の毛穴にあるもので顔ににきびができる原因といわれています。
このアクネ菌は顔だけでなく人の背中の毛穴にも存在するのです。背中ににきびが出来てしまう原因は、背中の皮膚の毛穴によけいな皮脂が詰まって皮膚が化膿することなのです。
背中ににきびができやすくなるのは、とくに汗をかいた背中をそのままにしておいたときです。
こうするとアクネ菌が繁殖しやすくなるからです。
化学繊維の下着などは汗がたまりやすくにきびができやすい状態になるといえます。
背中ににきびを作る原因は、とにかう皮脂や汚れの付着やアクネ菌なのです。
背中のにきびをそのままにしていると、背中ににきびの跡ができてしまうでしょう。
にきびが悪化するとにきび跡ができるのは、顔も背中も同じで、このにきび跡に悩んでいる人が多いのも事実です。
背中のにきびの原因となる汗や皮脂を防いで、にきびが跡になるまで悪化することのないようにしたいものです。
にきび跡のないキレイな背中を目指しましょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方