にきびのケアと食生活


にきびケアのためには、食生活を正していくことも大事です。
にきびを作ってしまうような食生活とは、どんなものなのでしょうか。
にきびを作りやすい食べ物、にきびの元となる皮脂を分泌しやすい食べ物を意識して控えることでにきびケアになります。
にきびケアのために食生活から考えるには、にきびの元となるような食べ物を控えることですが、それでも健康な体を維持していくためには、体に必要な栄養素はきちんと摂っていかなければならないのです。
適正な食事の量を心がけ、バランスの良い食生活をすることが、にきびのケアにはよい結果となります。
フライや天ぷらなどの油ものや、肉類などの動物性脂肪は血中の中性脂肪を増やし、皮脂の分泌を促します。
肉類よりは魚、という選び方のほうが、にきび予防のためにはなるでしょう。
ご飯やパンなどの炭水化物も、消化されると糖分になり、それから油分へと変化するので、最終的には皮脂の元となるのです。
何気なく主食としてたくさん食べてしまう炭水化物ですが、にきびのためには食べすぎは控えなければなりません。
甘い食べ物も消化作用によって糖分から油分に変わり脂肪や皮脂になりますので、取りすぎに注意しましょう。
飲酒も大人のにきびの大きな原因で、にきびにつながる糖分をたくさん含んだ酒類は、さらに皮脂の代謝に働きかけるビタミンB群を消費してしまうのです。
飲酒は過ぎると内臓へも負担をかけることになり、生活習慣も乱してしまい、肌のストレスの原因となります。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

にきびのケアについて


様々な原因により発疹ができて炎症を起こす症状がにきびです。
思春期以降のにきびは、ふきでものともいいますが、にきびの症状は同じです。
主に皮脂腺の多い顔や頭、胸、背中にできますが、顔のにきびはコンプレックスの原因にもなり、深刻な悩みに発展することもあります。
にきびのできるできないは体質によって違いますが、比較的皮脂腺が活発である人はにきびができることが多く、ケアも必要です。
特ににきびができやすい時期だといわれている初夏、そして初秋には、にきび対策をしっかりしておきましょう。
にきびができやすい思春期は、ホルモンのバランスが変化するからなので、そのにきびは自然に収まっていきます。
成人以降にできるにきびは、ストレスや乱れた生活習慣、そして乾燥などが原因になったりします。
また便秘のせいで体の中に毒素がたまってそれが体表面に移動し、そのせいでにきびができることもあります。
顔ダニのせいでにきびができるという話も聞きますが、間違ったケアをしなければ顔ダニは害をもたらすものではなく、顔のあまった皮脂を食べることもあるというくらいです。
にきびはできてしまってからの処置を誤ると、逆に悪化したりにきび跡ができたりするので、気をつけなければなりません。
にきびを正しい方法で処置しないと、色素沈着になったりクレーターのように跡ができたりします。
適切なケアで肌を大切にし、食生活や生活習慣も乱れないように気をつけるようにすれば、にきびもできず肌は健康でしょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

にきびとはなんですか?


にきびは皮脂が多く分泌される部分にできやすいもので、皮脂を分泌する毛穴が詰まると、それが原因でできるのです。
詰まった毛穴の中に脂や角質が溜まり、この状態が黒にきび(毛穴が開いて見えている状態)または白にきび(毛穴が閉じている状態)と呼ばれるものです。
皮膚に常在している菌、つまり細菌が作用すると、今度は赤いにきびが作り出されます。
この細菌が皮脂を好むため、詰まった毛穴の中では徐々に増えていき、皮膚の中でタンパク質を刺激するといいます。
それから炎症が起きて赤くなったり、膿がたまり黄色い部分ができるのというのが、にきびが発生するメカニズムなのです。
にきびがさらに進行すると、毛穴が破れて中身が流れ出し炎症が起こることもあります。
こんな皮膚の深い部分が傷ついてる状態だと、炎症が治ってもにきび痕として残ってしまうこともあります。
にきびは、毛穴のつまり以外にも不規則な生活や、暴飲暴食、ストレスなどもその原因になるといわれています。
また生理前になると、ホルモンのバランスが崩れて一時的ににきびができやすくなるような体質になるときもあり、それが原因でにきびが増えることもあります。
にきびの出来るところは、頬や顎、鼻の頭などの顔ばかりではなく、首背中、うなじなどに出来ることもあります。
にきびの場所によって、対処方法はそれぞれ違ってくるので専門医に相談しましょう。
皮脂の分泌の活発な毛穴がふさがれると部分的に雑菌が繁殖してしまい、それが元で皮膚の中で炎症を起こしてしまう、これがにきびなのです。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方