ボトックスの特徴としわ効果 


しわに効果があるとされるボトルックスと特徴を説明いたしましょう。
ボトックス注射といわれるものは小顔を目指したり、シワ治療などに使われることがあります。
気になる部分に直接注射できます。
ボトックス注射は年齢によって出来たシワに効くというよりも、顔の表情筋の影響で出来たシワに有効とされてます。
注射の効果の持続には個人差があります。
長く効く人もいれば数週間で切れる人もいるようです。
最大の魅力は注射というだけあって、手軽に試すことができるのです。
美容外科手術といえば、脂肪吸引や皮膚の切除や縫合などの大掛かりなものですが、そのような手術でなくしわの無い美肌や小顔に挑戦できます。
施術後すぐに普段どおりに外出などできるのがメリットで、メスを使わず、短時間で済むので、体も精神的にも負担が少ないのです。スッキリとしたフェイスラインは小顔の第一歩です。
シワのない肌は若々しくみえます。
ボトックス注射が小顔効果を一番早く手にいれることができる最も最短な手段だと言えるでしょう。
小顔を手に入れ持続させるためのボトックス入り化粧品もあります。
この化粧品は小顔に効果のある成分が含まれているのでシワを改善して、ボトックス注射の効果と同じような働きかけがあります。
最近では小顔やシワだけでなく多汗症の治療などにも使われてきているボトックスですが、まだまだ可能性を秘めている美容成分ですね。


メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

にきびに効く化粧品


にきびは治ってもにきび跡が残ってしまうことがあります。
普通のにきびがひどくなって赤にきびになってしまうことがありますが、この場合特にクレーターと呼ばれる陥没したにきび跡になってしまうことが多いようです。
このようなにきび跡にはピーリングが効果的です。またビタミンC誘導体配合の化粧品も効くようです。
ビタミンCが配合されている化粧品は活性酸素を取り除いてくれる効果があります。
それは高い抗酸化作用があるおかげです。そうすることでにきびの予防にもなり、にきびの跡にも効果があります。
なぜなら皮脂の酸化を防ぎ、皮脂の分泌を抑えることができるからです。
さらにコラーゲンを促す働きもあります。
これによりみずみずしいハリのある肌になっていくのです。
ただ肌にかゆみが出たり、炎症をおこしたりした場合には化粧品が肌にあっていないということですので、使うのをやめましょう。
にきびの跡を隠したいとついついカバー力強いリキッドファンデーションを選んでしまいます。
けれどリキッドタイプのものはよけいににきびがひどくなることがありすので、注意が必要です。
そうならないためにもなるべく薄づきのファンデーションを選ぶようにしましょう。
にきびの赤みが気になる場合はコンシーラーなどを利用すると良いでしょう。
ともかく刺激の強い化粧品を避けることが大事です。
また油分は控えめなものにするとともに、化粧水をたっぷりとつけるようにしましょう。
自分の肌の状態にあった化粧品を選んで上手に利用しましょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

にきびの予防


にきびを予防するためには正しい洗顔をすることが一番大切です。第一に肌を清潔にすることですから、メイクはしっかりと落とさなければなりません。
メイクを落とすクレンジング剤は、油分の多いものは避けましょう。
油分が多くなっている肌には良くないからです。
クレンジング剤は油分が多すぎず、少なすぎないものが良いでしょう。
また洗い流すタイプのものが肌への負担が少ないのでおすすめです。
またなるべく刺激が少ないものを選び、スクラブ洗顔料などは避けましょう。
弱酸性の洗顔料などのやさしい泡で洗うのも良いでしょう。
にきびを予防する洗顔方法ですが、大事なのは汚れを落とそうとしてゴシゴシこすらないことです。
逆に肌を痛めてにきびが悪化します。顔を洗う前に髪をヘアバンドなどでまとめて顔にかからないようにしておきましょう。
毛穴をふさぐ汚れの原因になりますので、髪の生え際の洗い残しをしないようにしましょう。
洗顔料はよく泡立てて肌の中心から外側に向かって洗いましょう。このとき汚れを落としやすくするために、あらかじめ人肌くらいのぬるま湯で毛穴を開いておくとよいでしょう。
丁寧に洗い、力を入れすぎないことが大切です。
洗い流すときはぬるま湯で肌をこすらないようにします。
そして肌をおさえようにしてタオルで水分を拭き取ります。
毎日このような正しい洗顔をすればにきびの予防・改善に効果があります。是非実践して美しい肌をめざしましょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方