【ニキビの悩み】 の記事一覧


にきびの原因


にきびというのは余分な皮脂分泌が原因となって、毛穴が詰まってしまうことでおこる皮膚の炎症です。
単なるにきびと考えずに皮膚の病気と捉えてきちんとした治療をすることが必要でしょう。
にきびの原因となるものはその症状によって実に様々です。
ひとつはにきびの初期症状にあたるもので、白にきびといいます。これは毛穴が詰まって皮膚の表面に白く盛り上がった状態になることです。
白にきびを防ぐには毎日適切な洗顔を行い、皮脂がきちんと排出されるようにすることです。
何故なら白にきびの主な原因は毛穴が閉じてしまうことだからです。
また黒にきびというものもあります。
これは毛穴内部に詰まった皮脂が、毛穴の外に押し上げられてしまい毛穴が開いて入り口のところで黒ずみ、酸化している状態です。黒にきびの原因も過剰な皮脂分泌と毛穴のつまりが原因です。
さらに軽症の白にきびや黒にきびを放っておいたことにより、毛穴に炎症をおこしてしまった状態が赤にきびです。
ここまで悪化してしまうと、日々の洗顔や食事のコントロールでは治りにくくなってしまいます。
そしてストレスによってますます悪化してしまう危険性があるのです。
またこの赤にきびがそれ以上に悪化すると「化膿にきび」になってしまいます。
化膿にきびにはアクネ菌が深く関係しています。
アクネ菌は皮膚を栄養にして増殖する菌で、炎症をおこしている毛穴の内部を化膿させます。
この状態になると痛みや痒みもおこってくるでしょう。
これらのようにひきびと言ってもその症状には段階があるのです。ですからそれぞれの段階に適した治療をすることが改善につながります。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

ニキビの皮膚科治療


顔のあちこちにニキビが出るとそれだけで気になって、容姿に自信がなくなったり、人と会いたくなくなることもあります。
あまりにもニキビがひどくて気になるようならば、1人で悩み続けず専門家の判断を仰ぐことが一番です。
皮膚科ですので、症状によって外用薬と内服が処方されます。
病院では、処方薬として皮膚表面の脱脂作用がある塗り薬やクリーム、あるいは余分な皮脂を皮膚の表面へ排出させるような薬剤が外用薬として処方されます。
実際の症状に合わせて適切に処方してもらえます。内服薬としても、ビタミンB2、B6などのニキビ治療に有効なビタミン剤などがあります。
状況の変化に応じて必要な処方もその都度出してもらえるし、個別に見てもらえるので安心できます。
近頃では、先進的な治療を率先して行う美容内科の数も増大しています。
上記の基本的な治療の他に、ピーリング・レチノイン酸・イオン導入などを取り入れて、ニキビ治療から美肌を目指した治療をする病院も増えてきました。
ニキビを治すためにはやや高額なお金をかけても構わない人や、美肌を目指す人におすすめです。
ただし、ニキビを治す方法としては、薬に頼らずに基本的な生活習慣を見直し、ストレスや食生活の乱れをただし皮膚を清潔に保つ方法見直されつつあります。
自分のニキビの原因を知り、それぞれに合った方法を見いだすことが大切です。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

思春期のニキビ


思春期ニキビが出来る原因は様々です。
男性ホルモンは皮脂腺を刺激し活発化させる働きをしますが、思春期は男女問わずこの男性ホルモンの分泌が活発化します。
思春期ニキビができやすくなる原因には、この男性ホルモンによる皮脂腺の活発化があると考えられています。
たとえ女の子でも、思春期に入ると男性ホルモンの分泌が活発になり多く分泌されることが判明しています。
男性ホルモンは毛穴の皮脂腺に影響し皮脂がたくさん分泌される原因になるため、思春期に発生するニキビの原因になっていると考えられているのです。
皮脂腺からは絶えず皮脂が分泌されているものですが、思春期には分泌量が増えて毛穴の角質層が厚くなります。
白ニキビは皮脂によって狭まった毛穴に脂肪が詰まることで発生するもので、白いものは脂肪分です。
この白ニキビにニキビ菌がとりつくと毛嚢の部分が炎症を起こし、膿などもできて赤く腫れた赤ニキビになってしまいます。
思春期のニキビはその時だけのもので、成長するに従って治っていくものと考えられています。
思春期ニキビの原因は男性ホルモンによるものなので、ホルモンバランスの正常化に伴い改善されていきます。
過剰な皮脂分泌は男性ホルモンの減少に伴って次第に落ち着いてくるので、思春期の終わり頃にはニキビも少なくなっていきます。
ニキビにならないためには、思春期の頃は過度な化粧をせずに皮膚を清潔にしておくひとも大事です。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方