【ニキビの悩み】 の記事一覧


ニキビの出来る原因


どんなに注意して肌の手入れをしていても、色々な原因でニキビは発生します。
女性の場合、生理前にはニキビができやすいといわれていますが、この「生理前ニキビ」は女性ホルモンの分泌が関係しています。
ホルモン分泌が生理周期によって変わることで、ニキビの発生を刺激しているのです。
お産や妊娠などでは重要な役割を果たすプロゲステロンですが、この物質は皮膚表面にある角質を厚くし皮脂を多く出す効果を促す性質があります。
このプロゲステロンが多くなりすぎることで、排卵が終わってから次の生理までの間はニキビができやすくなるのです。
こういった原因以外にも、ニキビができる要因はあります。日常の生活からくるストレスや添加物の多い食品に含まれている有毒物質、また飲酒や喫煙などは解毒作用が弱まる一因になります。
ストレスや飲酒・喫煙によって解毒作用が弱まった体は抵抗力が落ちて菌に対する抵抗力が低くなり、黄体ホルモンが壊されにくくなります。
黄体ホルモンを壊す力が衰えることで、皮脂が過剰に増えやすくなるのです。
そのほかのニキビの原因に便秘があります。
便秘になると、本来排泄すべき毒素が排出されず皮膚表面に出てくるので、それがニキビの温床となります。
また、間食などで甘いものをたくさん摂りすぎると、菌に対する抵抗力が落ちる原因になります。
睡眠不足などで肌がカサカサになり、肌の調子が悪くなってニキビが悪化することもあります。
また、紫外線によるアクネ菌も同様の結果をもたらします。
バランスの取れた食事や規則正しい生活、そしてストレスを早め早めに発散させることがニキビ予防にもつながります。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方