保湿のための化粧品選び


スキンケアを乾燥肌のためにするには、どのような保湿化粧品を最低限揃える必要があるのでしょうか。

メイクをする方はまずメイク落としについてです。

きちんと保湿をするためには、洗い流せるクリームタイプか乳液タイプのメイク落としがおすすめです。

洗顔料を選ぶときは、乾燥肌の方の場合でも、しっとり系よりさっぱり系がおすすめです。

アルコールがきつくない化粧水で、保湿成分を含んだものを選択するほうが良いでしょう。

保湿成分である、セラミドやヒアルロン酸などを含んだ美容液があれば、乾燥肌の対策にぴったりです。

乾燥肌対策は、保湿成分を含んだクリームも用意しておけば完璧でしょう。

乾燥肌対策として、保湿のための化粧品を同じブランドやメーカーで揃えなければならないということはありません。

ブランドやメーカーにこだわらずに、自分の肌に合う化粧水や美容液を、乾燥肌のスキンケアのために選択することが大切です。

洗顔後に化粧水を顔全体になじませてから、Uゾーンに美容液を、乾燥しがちな目や口の周りにだけクリームをつけるという方法が、基本的な保湿のスキンケア方法です。

朝起床後の肌状態が乾燥していたら、化粧水の後でUゾーンにだけつける美容液を顔全体になじませ、さらにUゾーンや目元・口元にはクリームや乳液をつけて油分を補給してあげましょう。

乾燥度合いが顔の部分によって異なる混合肌の場合は、きちんと自分の肌状態をチェックしなければなりません。

2度べたつく場所だけ洗顔したり、美容液の重ね塗りをかさつく場所だけしたり、保湿化粧品を部分によって変えてあげることも、大切な保湿のスキンケアのポイントだといえるのではないでしょうか。

投稿者 友近由紀子

肌の若返りにはビタミンCやシステイン





サプリメントの成分の中でも、肌年齢を若返らせることが期待できるものについてお話します。

シミやくすみといった、肌から年齢を感じさせてしまうものの原因は、メラニン色素だといえます。

夏、若い女性の日に焼けた小麦色の肌は健康的に見えますが、年齢を重ねた肌では、その小麦色がそのままシミとなって残ってしまいます。

シミは、女性が肌を若返らせたいと考える大きな理由のひとつでしょう。

できるだけ日に焼けないように心がけることは、若い時には考えもしないかもしれませんが、肌年齢を若く保つことを考えるのならば大切なことです。

シミがメラニン色素の沈着によってできてしまった場合には、シミを薄くすることが、ビタミンCを摂り入れることによって可能になります。

なぜなら、ビタミンCには皮膚を健康に保ち、シミやソバカスの原因となるメラニン色素を抑制する働きがあるからです。

これは肌の若返りのためには必要な成分です。

でも、人の体の中では肌の若返りに必要なビタミンCは、作ることができないものなのです。

ビタミンCを多く含んだ食べ物や、ビタミンCが配合されたサプリメントなどから摂り入れる以外に方法がないのです。

さらに、ビタミンC同様の働きを、システインも持っているということがわかっています。

そのうえ、メラニン色素を無色にする働きを持っているとも言われているのが、このシステインなのです。

そのため、肌の若返りを期待して摂り入れるサプリメントには、ビタミンCとシステインの両方が配合されているものが多いようです。

投稿者 友近由紀子

乾燥肌の仕組みとスキンケア





乾燥肌の仕組みとスキンケアについてお話しましょう。

水分補給をマメに行いつつ、皮膚からの水分蒸発を防ぎ、補給した水分を保ち続けることが、基本的な乾燥肌を防ぐスキンケアの方法です。

男性の肌が乾燥肌になりやすいのには、女性に比べて肌の水分量が少ないうえ、水分の蒸発量が多いという理由があります。

さらに、皮脂の分泌量が多いため、乾燥肌以外のスキントラブルを、女性よりも起こしやすい肌質なのです。

そのようなことからも、スキンケアは女性以上にしなければならないのです。

男性の乾燥肌が悪化していってしまうのは、毎日のひげ剃りで肌の表面を傷つけてしまうことが原因です。

肌表面のバリア機能と相関関係にあるのが、乾燥肌の原因である水分蒸発による水分量低下です。

水分が蒸発するのは、バリア機能が低下するのが原因で、それにより乾燥肌になります。

肌表面のバリア機能を担っているのは、肌の最も上層にある角質層と呼ばれる部分です。

角質層の主な役割は、病原菌や細菌、有害物質をブロックするバリア機能のほか、水分保持および保湿成分の生成です。

乾燥肌のスキンケアではまず、角質層が近接する肌表面を傷つけないようにすることが大切です。

体に強い石鹸成分を擦りつけたり、ひげを古い刃で剃ったりすることはやめましょう。

さらに大切なスキンケアは、外気で汚れた肌を清潔に保つことです。

乾燥肌には、静電気の起きやすい衣服も良くありません。

水分補給や蒸発防止のスキンケアを、化粧水やクリームでするとともに、乾燥肌のスキンケアには、肌に負担をかける習慣を見直してみることが不可欠なのです。

投稿者 友近由紀子
脚痩せるんるん♪美脚の創り方