メイクさんのお肌のお手入れQ&A > お肌のお手入れ方法



化粧落としの洗顔料の選び方について


化粧落としに欠かせないのが洗顔料です。

お値段や香りだけではなく、配合成分にも目を向けて選ぶようにしたいものです。

石油成分を使った界面活性剤や、防腐剤パラペンをふんだんに使っている洗顔料も少なくありませんので、成分表示の欄は入念にチェックしてください。

刺激の強すぎる洗顔料を使い続けていると、肌に悪影響が出てしまうこともあります。

ナチュラル成分を基本に製造された洗顔料は低刺激なので、敏感肌の方はこちらの方がいいこともあるようです。

天然成分から作られた洗顔料に対しては、洗う力が弱いために落とし残りが生じ、結局肌への負担が増してしまうのではと考える方もいます。

天然由来の成分は、肌への負担を軽減してくれるだけではありません。

化粧や皮脂などの汚れもしっかり吸着させて洗い落としてくれるので、化粧落としの洗顔料としては大変優れています。

粉タイプの洗顔料も使いやすさに定評があり、特に肌が乾燥しやすい方に向いています。

普通のせっけんでは顔を洗った後に肌が張るという場合、粉石鹸のしっとりした洗い心地がいいようです。

肌のお手入れにも効果的な、化粧落とし以上の効果が期待できる商品です。

ただし、脂性肌や混合肌の方は、粉状せっけんよりは固形せっけんのさっぱりとした洗い上がりの感触がいいかもしれません。

石油系の界面活性剤をたっぷり使った固形石鹸では、洗顔後の肌がおかしなほどにうるおっておりツッパリもないこともあります。

肌タイプは人によって千差万別ですから、化粧落としにい自分用の商品をよく探しましょう。

投稿者 友近由紀子
     
[PR]

管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局

東京安心安全美容整形外科|座敷豚の簡単ダイエット|美容整形外科医のお肌の悩み解決箱

子供の紫外線カットについて


紫外線は肌に様々な影響を与えますが、特に日本人の皮膚は紫外線で黒くなりやすいようです。

子供はどういった紫外線カットが必要でしょう。

肌を紫外線からカットする為に、色を黒くしようとメラニン色素を多く作り出しているのです。

強い紫外線を一切カットせずにうけていると、肌を傷める原因になってしまいます。

日焼け止めクリームは、SPF20〜30ほどのものを外で遊ぶ子供にはつけてあげることが紫外線カットになります。

太陽光から子供を守るには、紫外線カット処理がされている帽子をかぶせてあげると、熱射病からも守れます。

プールや海に行く時も、出来れば紫外線のカット率の高い水着を子供には着せましょう。

水着姿になる時は炎天下に肌をさらすことにもなりますので、日焼け止めを使いましょう。

この時、顔には刺激の少ないものを用います。

海水浴では、海水の塩分を肌に付着したままにしておくと、紫外線の作用で肌荒れの要因を作ります。

海から上がったら必ずシャワーを浴びる事を忘れない様にしましょう。

子供の肌が日焼けで赤くなってしまったら、まずはぬるめのシャワーで冷やします。

シャワーのあとは、水で濡らしたタオルや氷水を入れた袋を患部に当てて火照った体を冷やしてあげましょう。

日焼けによる炎症を緩和するための鎮静消炎剤軟膏も販売されていますので、それらでケアをしましょう。

紫外線カットに関しては、大人ほど子どもは肌を傷めることはないようですが、それも程度問題です。紫外線カットはきちんと行いましょう。

投稿者 友近由紀子
     
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局

東京安心安全美容整形外科|座敷豚の簡単ダイエット|美容整形外科医のお肌の悩み解決箱

紫外線をカットするグッズ


紫外線カットができる道具は様々なものが販売されていますので、時と場合に応じて使いこなして肌を守ってください。

グッズと日焼け止めクリームを併用することによって、紫外線カット効果は倍増します。

それでは、どのような紫外線対策グッズがあるのでしょうか。

防止には紫外線カット処理が施されたものが多くあります。

つばの広いタイプのUVカット帽子を使うことで、顔全体を日光から覆い隠し、紫外線を防ぐ効果が期待できます。

車で移動することが多い方は、腕が車焼けすることもありますので、アームカバーの活用を紫外線対策としてお勧めしたいところです。

紫外線カットに、ロングタイプのアームカバーで肌を守ってください。

紫外線カット効果があるグッズに日傘があります。

日傘を差すことで手軽に日光を遮ることができます。

日傘をさすだけで、その場所の温度は3度〜5度低下するといいます。

熱さ対策には色の薄い日傘が、紫外線対策には色の濃い日傘が向いています。

雨傘兼用の日傘も人気があります。

UVカット加工のものを選びましょう。屋外に水着姿でいる時は、紫外線カットには特に要注意です。

マリンスポーツをする人であれば、ウェットスーツを着るので、UVカットのものを選べば紫外線をカットできます。

その反面、日焼け止めクリームである程度は食い止めたとしても、ビキニ姿では紫外線の肌への影響は避けられません。

少しでも紫外線をカットするため、サンオイルを使うようにしましょう。

日焼け止めと紫外線カットグッズを上手に活用すれば、紫外線対策を完璧にするこができます。

投稿者 友近由紀子
     
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
脚痩せるんるん♪美脚の創り方