メイクさんのお肌のお手入れQ&A > お肌のお手入れ方法



美白ケアには洗顔が大切


美白を手に入れるためには、毎日の洗顔も大切なケアとなります。

美白ケアのためには、自分の肌に最適の洗顔料を選ぶところから始めましょう。

バーゲン中だった激安洗顔フォームを使っていては、お肌にいいとはいえません。

原材料に石油が多く使われていて、肌へのダメージが大きい洗顔フォームもありますので要注意です。

石油を用いた合成洗剤は肌へのダメージになることがありますので、美白を目指すなら天然の洗顔石鹸がいいでしょう。

特に肌の乾燥が気になる人や肌が弱い人は、天然由来の洗顔料を探すと美白に役立つでしょう。

洗顔石鹸は即効性がある洗顔料ではありませんが、毎日のスキンケアに適切に使用しつづけることで、着実に美白効果を得ることが可能です。

また、正しい洗顔をすることも、美白ケアでは見逃せません。

きれいに洗い上げるには、泡立てネットなどを使ってキメの細かい泡を作り、泡を顔に乗せて伸ばすように洗えば、毛穴の中の皮脂汚れまできれいに取れます。

洗顔ネットを駆使して、泡をたっぷり作ることが美白に役立つ洗顔のコツです。

両手で石鹸を泡立てるよりずっと効率的に、たくさんの泡を立てることが可能になります。

美白効果の高い顔の洗い方は、手のひらで顔を決してこすらないことです。

そのためにも、顔と手の間に泡が常にあるようにしながら洗顔します。

泡で汚れを十分に浮かせたら、ややぬるめの湯で念入りにすすいで洗顔石鹸を残らず流します。

要点を押さえた洗顔をして、適切な美白ケアを行いましょう。

投稿者 友近由紀子

紫外線対策と美白ケア


美白に興味がある方にとって、紫外線は天敵ともいえる存在です。

ですが、太陽光がさほど強くない日は油断してしまいがちです。

お肌を紫外線から守る時に勘違いされがちな点に、美白ケアは冬場にも必要ということがあります。

夏の太陽に対する紫外線対策は万全だったはずなのに、シミやそばかすが消えず美白がうまくいかない場合、年間を通してのスキンケアが足りないのかもしれません。

外気が乾燥し寒さで血液の流れが悪くなりやすい冬はお肌に危険な季節でもあります。

マッサージやお風呂で肌を十分に温かくしてからのスキンケアがお勧めです。

蒸しタオルやレンジで温めたタオルを顔に乗せ、お肌のスチームパックも血流改善に効果的です。

うっかり紫外線に肌を晒すことになっても、リカバリーはききます。

お肌に紫外線を受けてからメラニンが発生しシミや日焼けができるまではタイムラグがありますので、それまでに美白ケアを施すようにすればいいわけです。

日々のスキンケアで肌の保湿や美肌を心がけ、手入れをしておくことも大事です。

紫外線対策は、日焼け止めクリームさえ使っておけばいいというものではありません。

紫外線は、曇っていても肌に影響を与えています。

敏感肌の方は太陽が照っていない時にも日傘を差すと良いでしょう。

ちなみに日傘と雨傘とは異なります。

雨傘と兼用ならば、UVカットと記載されている製品を選んでくださいね。

このように、美白ケアには紫外線対策が重要なのです。

投稿者 友近由紀子

肌を保湿する際の注意点について


日頃のスキンケアを地道に行い、正しく顔を洗い続けうことが、肌の保湿には重要です。

軽くはたき込むような洗い方をすることで、朝は爽やかに目が覚めることができます。

夜の洗顔は、朝のように強い刺激を肌に与える必要はありませんので、優しく全体をカバーするように洗顔料を使い、顔を両手でそっと覆ってハンドマスク効果で保湿力を高めてください。

顔の保湿のためのお手入れは、洗顔直後に行います。

保湿に効果的な入浴をすることで顔だけでなく全身の保湿効果も得られますが、そのためには、湯温はややぬるめにするといいでしょう。

全身を洗う際には、石鹸の使いすぎや固いボディブラシなどでのこすりすぎは厳禁です。

お肌を守る角質層を剥いでしまったり、肌を傷めてしまう可能性があります。

こすらず、手のひらや柔らかいタオルで、泡を使って洗うといいでしょう。

保湿成分の入った入浴剤もおすすめです。

入浴後は皮膚がたっぷり水分を吸収しています。

お肌が水分を得てふやけている間に、カサついて気になる部分に保湿剤でケアすると効果的です。

普段からのお手入れが10年先、20年先の肌の状態を決めますので、コツコツとケアを続けましょう。

化学繊維の服は静電気の原因となります。

静電気が発生すると肌が乾燥している部分はかゆくなってしまうことがあるので、冬などは木綿やウールがいいでしょう。

適度な運動をすることで汗をかくと肌への乾燥対策にもなり、代謝の促進効果もあります。

空気の乾燥しやすい季節は加湿器などを活用して調整をしましょう。

食生活とともに、適度な運動を習慣にすることも肌保湿のためのスキンケアには大切なポイントです。

投稿者 友近由紀子
脚痩せるんるん♪美脚の創り方