メイクさんのお肌のお手入れQ&A > お肌のお手入れ方法



スキンケアで乾燥肌対策をする


乾燥肌対策は肌荒れ対策、シミやしわ対策に欠かせません。

乾燥肌が悪化して乾燥性敏感肌にならないよう、こまめなスキンケアが大事です。

乾燥肌が進んで乾燥性敏感肌になると、外部の刺激から肌を守るバリア機能が低下して、肌が弱くなってしまいます。

乾燥肌を改善するスキンケアには、アミノ酸保湿成分やセラミドの活用が効果的です。

細胞間脂質をセラミドといいい、肌が外部からの刺激にさらされないようキープする成分、角質と角層の細胞を繋ぐ役割を持っているものです。

そのため、敏感肌が気になるなら、化粧品は保湿成分のアミノ系成分やセラミドが配合されているものにしましょう。

また、油分と水分を結びつけるために用いられる界面活性剤は乾燥肌によくない成分ですので、化粧品選択時には用心してください。

お肌のお手入れは、乾燥肌によるにきびの有無などにも影響されます。

にきびの元となるアクネ菌の繁殖を抑えるには油分を控えめにすることです。

保湿に力を入れてください。

乾燥肌によりにきびが増え、毛穴が詰まっている時は、ピーリングがいいでしょう。

古くなった角質をピーリングによって除去することで、肌の新陳代謝が促進され新しい細胞が作られます。

古い細胞の下から新しい細胞が生まれ、皮膚のターンオーバーが起きることによって保湿力が高まり、しっとりとした弾力のある肌になれば、メラニンの排出量も増え皮膚の水分も増します。

温泉にもピーリング効果があるものがあります。アルカリ温泉で肌がつるりといるのは、角質を溶かしているためです。

投稿者 水嶋 ヒロ

乾燥肌対策のための洗顔方法


スキンケアに効果的な洗顔方法をすることによって、カサカサの乾燥肌の対策が可能です。

洗顔には要点があります。

乾燥肌対策のためには、洗顔料を肌にのせる時間はおでこや鼻等、皮脂の分泌が一番多い所からにしましょう。

頬等乾燥しやすい部分から先に洗顔料をつけると肌のバリアが低下し、乾燥や老化に繋がるので気をつけましょう。

汚れをきれいに落とすためにとこすりたくなりますが、手で顔をこすってしまっては、肌の負担が増すばかりです。

泡が付いているだけで汚れは落ちます。

泡をクッションにして、そっと撫でるようにしましょう。

洗顔に最適なお湯の温度は30℃くらいのものです。

乾燥肌対策には、熱すぎや冷たすぎは避けましょう。

すすぎは念入りに、30回くらいは洗い流すべきですが、この時に用いる湯が熱すぎると肌に残しておきたい皮脂まで流れてしまいます。

天然保湿因子や細胞間脂質をキープするためにも、すすぎは手抜きなく、しかし短時間で済ませましょう。

洗顔剤選びには泡切れのよさを一つの指針にしてください。

髪の生え際やアゴの下等に洗顔料を残したままタオルで拭かない様にしないと肌トラブルや乾燥肌の原因になります。

柔らかなコットンで軽くこするだけでも、角質層は傷がつくほどデリケートで、厚みは0.07〜0.2o程度です。

顔の水気を取る時は、吸い取りのいいタオルを顔に押し当てるようにすると肌への負担を最小限にすることができます。

投稿者 佐々木 希

乾燥肌の対策について


乾燥肌とはどのような肌の事を指すのでしょうか。

乾燥肌とは、皮脂の分泌が少なく角質層の水分量が少ない肌をいいます。

乾燥肌対策はとても大事です。

こまめなスキンケアによって乾燥肌を防止し、肌の状態悪化を回避しましょう。

肌の水分量が不足すると、角質が厚くなる為に、くすみの原因になります。

毛穴が黒く目立つようになることや、にきびなどの肌荒れ症状も、乾燥肌によって角質の厚みが増したためということもあります。

また、乾燥肌のために肌荒れが悪化すると紫外線に対する免疫力が弱まり、しみができやすいようです。

紫外線はシミを作るだけでく、真皮層のコラーゲンの減少の原因にもなり、深いシワの元ともなります。

乾燥肌対策のためには、乾燥肌になる仕組みを知り、コツコツと改善していくことです。

ほとんどの乾燥肌の理由は、スキンケアが原因です。

適切な洗顔と毎日の肌質に合うスキンケアによって、乾燥肌対策は可能です。

乾燥肌に限らず、全ての肌トラブルにお悩みの方にお勧めの乾燥肌の対策方法は、毎日の洗顔方法にあります。

洗顔を行う際は、髪が顔にかからないようにしてからぬるま湯で十分濡らし、たっぷりの泡を作ります。

洗顔料を泡立てることによって、濃度を調整し肌への刺激を減らせますし、柔らかい泡で洗うことで強くこすらずに顔の汚れを落とすことが可能です。

乾燥肌のケアをしっかり行うことでくすみやシワの対策が可能です。

正しい洗顔手順で顔のお手入れを行いつつ、自分の肌に合うスキンケア用品を使いましょう。

投稿者 山田 玲奈 
脚痩せるんるん♪美脚の創り方