メイクさんのお肌のお手入れQ&A > お肌のお手入れ方法



洗顔石鹸を選ぶ時のポイント


洗顔石鹸を購入する時のポイントとは何でしょうか。

最も気をつけるべきことは、自分の肌のタイプを分析し、相性のいい洗顔せっけんにすることでしょう。

お肌には、脂性肌、乾燥肌、あるいは混合肌など、いろんなタイプがあります。

自分の肌タイプは何かを認識しましょう。

肌のコンディションは個人によって違いが大きいだけでなく、同一人物でも季節や環境で変わります。

そのため、石けんを選ぶためには、まず見るべきは石けんの内容ではなく自分自身の肌の状態であり、その次に洗顔石けんについて調べましょう。

洗い流す力が強いことがセールポイントの石鹸もありますが、皮膚への負荷はあまり大きくない方が望ましいでしょう。

いい洗顔せっけんならば、たっぷり使わずとも細かな泡を作り皮膚への負荷を最低限に抑えてちょうどよく汚れを落としてくれるでしょう。

そういった石鹸を理想として色々チェックをしてください。

価格の面から見ると、洗顔石けんの値段は非常にバリエーションに富んでおり、驚くほど高い石鹸もあります。

俗に高級石鹸と呼ばれる石鹸ならば何でもいいということはありませんが、使われている材料も高級な場合が多くあります。

余裕のある方は、高価な洗顔石鹸も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

また、近年化粧品に関して薬事法が改正されたため、成分が明確にされるようになりました。

成分表示を参照することで、防腐剤が入っているか、石油由来の合成界面活性剤が配合されているかを見極めることができます。

洗顔石鹸と洗顔フォームの違いについて


洗顔フォームか洗顔石けんのどちらかを用いて顔を洗う人がほとんどです。

洗顔石鹸と洗顔フォームを比較した場合、肌に優しいのはどちらだと思いますか。

肌にやさしいのは、洗顔石鹸の方です。

よく、洗顔石鹸で顔を洗うとつっぱるからと洗顔フォームを選ぶ方がいらっしゃいます。

洗顔石けんより洗顔フォームの方が肌に優しくないということは、意外に感じるかもしれません。

洗顔フォームの利点は、長持ちをすることときめ細かな泡が簡単に作れることですが、肌への刺激は洗顔石けんの方が優れています。

そもそも洗顔石鹸と洗顔フォームは、根本的に異なるものだということをご存知でしょうか。

石鹸の組成は脂肪酸カリウムと脂肪酸ナトリウムであり、高級脂肪酸の金属塩です。

しかし、洗顔フォームの場合は、有効成分を染み込みやすくするために合成界面活性剤が用いられています。

これが、敏感な肌にはあまりよくない物質なのです。

人体への悪影響だけでなく環境に対する不安もあります。

これは安さを求めて石油を合成界面活性剤に使っている洗顔フォームに対して指摘することができます。

自然派洗顔料として植物を使用していることを前面に押し出しているものもありますが、合成界面活性剤が入っているなら負担は同様です。

洗顔石鹸の多くは、合成界面活性剤の代わりに花やオリーブ等から抽出した天然成分が用いられているので非常に肌に優しいのです。

洗顔料の影響を受けやすい敏感肌の人で洗顔フォームを使っている人は、洗顔石けんも考えてみてください。洗顔石けんには美白効果もあります。

ピーリング石鹸の使用方法と注意点


ピーリング石鹸は、酸によって肌の古い角質を溶かして剥ぎ取る効果があるため、普通の洗顔料を使う時より、少しだけ気をつけて使う必要があります。

ピーリング石鹸は酸の配合量によって肌に与える影響に違いがあります。

ピーリング石鹸を初めて使う時は酸の配合量が少ないものを選び、肌の状態を確認しながら酸の配合量が多いものへと変えて行くようにした方が良いでしょう。

しっかりと泡立てて使うことがピーリング石鹸を使うときには重要なことです。

泡を転がすように洗うということが大切で、普通の洗顔の時も同じですが洗顔する時は石鹸を肌に指で擦り付けないようにしましょう。

擦るように指で洗ってしまうと肌を傷つけてしまうかもしれないのです。

ピーリング石鹸を使う場合、肌への刺激が普通の洗顔料より強くなりますので、指で擦るような洗い方は禁物です。

そのためにもピーリング石鹸を使用する時には、しっかりと泡立てることが必要なのです。

しっかりとピーリング石鹸を使った後は洗い流すことが大切です。

ピーリング効果を高めるために、2分から3分程度、泡を付けたままにしておくことも良いのですが、ピリピリとした痛みを感じるようだったらすぐに、ピーリング石鹸を洗い流しましょう。

肌はピーリング石鹸を使った後はとても敏感になっていますので、非常に乾燥しやすい状態だといえるでしょう。

充分に保湿をして、洗顔後はお肌のケアを忘れないようにしましょう。
脚痩せるんるん♪美脚の創り方