メイクさんのお肌のお手入れQ&A > お肌のお手入れ方法



ピーリング石鹸とケミカルピーリングの違い


ピーリング石鹸を使うとお肌にどんな良いことがあるのでしょうか。

にきびには、にきびケア用の洗顔料や治療薬などが沢山あり、自分自身でケアできる場合が多くあります。

そうはいっても肌トラブルの中でもしみやくすみ、そばかす、にきび跡などのケアは自分自身ではなかなかできるものではありません。

しみやくすみ、そばかすなどは最終的には化粧などで隠していることがほとんどだと思われます。

ピーリング石鹸は、酸によって古い角質を取り除いてしまうことで、新しい肌に再生させていくようにするので、しみやくすみ、そばかすは勿論、にきび跡の改善にも期待が持てる美肌用の石鹸なのです。

病院やエステで行われるケミカルピーリングも、一度だけと考えたならば受けられなくもない金額です。

ですが一度のケミカルピーリングで、角質をしみやくすみ、そばかす、にきび跡が目立たなくなるほど、溶かすことはできません。

ですから何度か通わなくてはならないのです。病院やエステで行われるケミカルピーリングは、相当な金額がかかってしまうこともあるようです。

普通の石鹸サイズが二千円ぐらいでピーリング石鹸を購入することが可能です。

何万、何十万円とかかるケミカルピーリングを考えたのなら、普通の石鹸と比べたら高めと感じるとはいえピーリング石鹸は非常にコストが安いという利点があるのです。

毎日ピーリング石鹸を使えば、自分自身で何度もエステなどに通うこともなく、お肌の手入れをすることができるのです。

時間を気にせずピーリングができるので、忙しい人で肌のためならお金がかかってもかまわないが、病院やエステに通う時間が作れないにはこのピーリング石鹸はおすすめの美容石鹸です。

ピーリング石鹸は美肌をつくる美容石鹸


美肌をつくる美容石鹸tといえばピーリング石鹸です。

フルーツ酸などの薄い酸が配合されている美容石鹸のことをピーリング石鹸といいます。

古い角質を剥がしてくれるのが、配合されている酸でこれが肌の再生を促します。

そして肌のくすみやしみ、にきびやクレーターのようになってしまったにきび跡の改善に効果的だといわれています。

皮を剥くという意味が、ピーリング石鹸のピーリングにはあります。

ケミカルピーリングという肌のくすみやしみ、しわ、にきびやにきび跡の治療に行われるものが、ピーリング石鹸のもとになっているようです。

皮膚にピーリング剤を塗り、肌表面の古い角質を取り除くものが、ケミカルピーリングというものです。

古い角質が取り除かれたことで新陳代謝が活性化し、新しい皮膚を再生させる治療方法だといえます。

少し金額がピーリング石鹸の場合他の石鹸や洗顔料に比べると高くなるでしょう。

ですが自分で肌のケアができるので、ケミカルピーリングにかかる治療費に比べたら安いといえるでしょう。

ですから最近、人気の高い美容石鹸なのです。

配合されている酸の量で肌に与える影響がピーリング石鹸の場合は変わってきます。

酸の配合量が少ないものを初めてピーリング石鹸を使う時は選択するのがおすすめです。

酸の配合量を肌の状態を確認しながら上げていくようにしましょう。

注意しなければならないのは、肌の状態を確認せずにいきなり酸の配合量の多いピーリング石鹸を使ってしまうと、返って肌を痛めてしまう結果になってしまうということです。

気をつけましょう。

美肌対策コラーゲンサプリメントの選び方


コラーゲンのサプリメントはどう選べばいいのでしょう。
サプリメントに使われているコラーゲンには、動物性のものと海洋性のものとがあります。
動物から作るコラーゲンをアニマルコラーゲンといいます。
少し前までは牛からのコラーゲンも作られていましたが、狂牛病が出た頃からブタや鳥が中心です。
独特のにおいがあるものは、動物性由来のコラーゲンの濃いものです。
一方、魚類から作り出したコラーゲンは海洋性コラーゲンです。
身体への吸収率は海洋性コラーゲンの方が優れています。
狂牛病などによる危険性もありませんし、濃度を上げても臭みはありません。
サプリメントを選択する時は何から作ったコラーゲンなのかを確認した上で、海洋性のものを選ぶ方がいいようです。
動物性のコラーゲンサプリメントを選ぶ場合は、狂牛病対策などがきちんとされているか確認しましょう。
そのコラーゲンがどこで入手したどんな生物のどの部位を使っているかについて情報が公開されている、安全なコラーゲンを使うようにしたいものです。
魚から作ったコラーゲンといっても様々な可能性が考えられます。使われている魚の種類、生息していた場所、使った部位などが詳細に書かれているサプリメントでなければ、なかなか安心して飲めません。
生産履歴の無いコラーゲンサプリメントの場合、養殖の魚を使っていることも考えられます。
その場合、成分表になくても魚が生きているうちに抗生物質や添加物を投与している可能性もありますので、要注意です。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方