メイクさんのお肌のお手入れQ&A > お肌のお手入れ方法



サプリメントでお肌に良いコラーゲンを摂る


筋組織、骨、そして皮下組織といった全身にくまなく存在するタンパク質にコラーゲンがあります。
様々な種類のタンパク質が人間の体に存在しており、主として体組織を相互に連動させつなぎ止めていられるような色々な作用をしています。
人の体はコラーゲンの存在によって、新陳代謝を活発にすることができるのです。
タンパク質の約30%はコラーゲンで成り立っています。
コラーゲンは人の体の中でも特に多く、水の次に多い物質です。
残念なことに、コラーゲンの体内での保有量は、20歳代を境にどんどん減っていってしまいます。
人間の皮膚は表皮の下の真皮で作られますが、ここはコラーゲンが半分以上を占めています。
真皮層のコラーゲンが加齢などによって少なくなると、新陳代謝が落ちて新しい皮膚を作る力が低下します。
そのため、肌トラブルが起こりやすくなります。
減少してしまった分のコラーゲンは補給するしかありません。
そこに、コラーゲンのサプリメントの存在意義があるというわけです。
サプリメントではなく、食事で1日に必要なコラーゲンを摂り入れられることが理想ですが、食事で必要なだけ摂り入れるのは難しいです。
サプリメントのコラーゲンを利用することによって、不足している分を補えるのです。
コラーゲンサプリメントは栄養補助食品です。
食事で摂ることができなかった分だけのコラーゲンをサプリメントで摂るようにしましょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

コンドロイチンとお肌の関係


サプリメントの中でも、美肌に役立つものとしてコンドロイチンは有名ではないでしょうか。
保水力のあるコンドロイチンは美容にも大変役に立つ成分なのです。
たくさんの水分を保持している皮膚であるで赤ちゃんのお肌は、すべすべしていて張りと弾力がありますね。
年をとると肌の水分が失われてカサつきますが、これは体内のコンドロイチンが少なくなったために肌に水気を蓄えておく力が失われていったためです。
体を保護し水分の蒸散を防ぐ働きのある皮膚は、一番外側にある部分で表皮と呼ばれています。
表皮の下に血管、神経、筋肉などがまじった真皮、皮膚と筋肉とを繋ぐ皮下組織と続いています。
70%のコラーゲンと1%弱のコンドロイチンが含まれているのが真皮の部分で、皮膚そのものだといえます。
コンドロイチンは、皮膚の水分量を保持し、皮膚機能を維持するためにとても重要な役割を果たしていますが、皮膚組織の中でコンドロイチンの比率は多くはありません。
健康な肌はコンドロイチンが豊富にあり、水分をたっぷりと補給してコラーゲンの機能をサポートしているのです。
皮膚表面にできたメラニン色素が定着すると、シミの原因になります。
これは加齢によって表皮の代謝機能が低下してしまったことがその理由です。
コンドロイチンは、シミ対策にも効果があります。
コンドロイチンを含む皮膚は表層の活性化を促進するからです。
美容目的のサプリメントにコンドロイチンが含まれるものがたくさんあるのも頷けますね。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

お肌に良いサプリメントの飲み方の基本


サプリメントを摂取する手順は、市販されているサプリメントごとに少しずつ違います。
タブレットやカプセル、パウダー状のサプリメントは基本的に、水で摂取するようにしましょう。
お茶やコーヒーでサプリメントを摂取する飲み方は、それに含まれるカフェインやタンニンと栄養素が結びついてしまうため、吸収が悪くなってしまうのです。
服用はご飯を食べてから30分以内、胃がまだ食べ物を消化している時がいいようです。
胃に何も入っていない状態で摂取すると、胃に負担になることがあります。
食事とサプリメントのタイミングを合わせるのは、食物とサプリメントの吸収が同時の方が効率がいいからです。
無闇やたらと摂取しては逆効果どころか健康に悪影響が出る危険もありますので、適量を守って摂取するようにしてください。
服用のしすぎはくれぐれも厳禁です。
頻度や分量はきっちり守りましょう。
サプリメントは飲み合わせによって相乗効果がもたらすものもあります。
例えばビタミンB群のは、1種類よりまとめて取り込む方が美肌や免疫向上により高い効果が期待できます。
鉄分サプリメントとビタミンCサプリメントを併用することで、酸素不足時の疲労や頭痛を緩和します。
どのサプリメントの飲み合わせが自分の求める物かは、栄養成分の特性によります。
健康で快適な生活を送るためにも、普段の食生活の中で不足気味な栄養成分について把握をし、サプリメントの力を借りてほどよく補っていきたいものです。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方