メイクさんのお肌のお手入れQ&A > お肌のお手入れ方法



日焼け止めクリームの使用方法


その人それぞれに生活スタイルも違い、外出の状況も違うので、日焼け止めクリームもそれに合わせて使うようにするといいでしょう。
紫外線を防止するには、さまざまな日焼け止めクリームの使い方で効果をあげることができます。
普段はほとんど職場や家の中で仕事をしているという人であれば、日に当たる時間もぐっと少なくなります。
もし日に当たる時間が1日のうち20〜30分くらいであれば、特に日焼け止め化粧品を毎日使うこともありません。
日焼け止めクリームを1日中肌に付けっぱなしにすることで、かえって肌にはマイナスでとなります。
日焼け対策を考えるなら、ファンデーションにSPF値が記してあるものを使い、日焼けしそうなところに重ねて塗る程度でいいでしょう。
真夏には普段のスキンケア用品やほかの化粧品も使い、日焼け止めクリームは部分的に塗るようにすれば日焼けの対策として十分です。
買い物に行ったり洗濯物を干したりと、1日に何度も日に当たることのある主婦などの場合は、朝のスキンケアの際に日焼け止めクリームがSPF20、PA++程度のものを使うといいでしょう。
それと同時にパウダーファンデーションを使うようにして、紫外線防止の対策を強化しましょう。
額や頬骨、鼻は紫外線が当たりやすい場所ですから、他の部分よりは多めに日焼け止めクリームを使用しましょう。
海水浴、キャンプなど屋外のレジャーでは、日に当たる時間が長くなるので、日焼け止めクリームのSPF値の高いもの、SPF値20くらいを重ね塗りして使用することで日焼けに対処することが可能です。日焼け止めクリームにはファンデーションに近いような成分が使われているので、使用した後のクレンジングでは、洗顔料だけではきちんと落とすことはできないので、クレンジング剤と洗顔料の両方でしっかり洗い流し、その後は化粧水などで十分に保湿ケアするようにしましょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

日焼け止めクリームを選ぶ時の注意点


日焼け止めクリームは数多くある日焼け止めスキンケア商品の中でも一番多く使われるタイプです。
たくさんのスキンケア商品がドラックストアやスーパーのほか、コンビニでも手軽に購入できるようになっています。
紫外線から肌を守るためには、大いに役立つ日焼け止めクリームですが、本当にたくさんの日焼け止めスキンケア用品が出ている今、それを選ぶときはやはり注意しなければならないことも出てきます。
日焼け止め化粧品に必ず書いてあるのがSPF値です。
SPF値とは、UVBと記される紫外線B波をカットする力の値で、この紫外線B波がしみやそばかす、そして皮膚がんの元なのです。
これは何もつけていない肌と比較した場合、日焼けをし始めるまでの時間を何倍にまで延長できるか、という目安の数字なのです。
例えばSPF2と表記されていれば、日焼けするまでの時間を3倍に延ばせるということです。
そしてSPF値と同じく、常に表記されているのがPA値です。
皮膚を黒くするだけでなくシワやたるみの原因となる紫外線A波(UVA)の防止効果を表すもので、弱いほうから+、++、+++と3段階で強くなっています。
また肌にできるだけ負担にならないものを使用するためには、日焼け止めクリームの中でも香料や着色料、そして防腐剤、紫外線吸収剤などが使用されていないものを選ぶようにするといいでしょう。紫外線から肌を守る日焼け止めクリームも、長時間の使用は肌にとっていいことではありません。
SPFもあまり高すぎると日焼けよりも今度は肌への負担が心配になるので、日常ではSPF20程度の日焼け止めクリームで十分でしょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

日焼け止めクリームと紫外線


初夏の5月ごろになると、女性は化粧の下地に日焼け止めクリームを使うようになります。
夏だけではなく、初夏の前から日焼け止めクリームを使用することは、紫外線を防止するための当たり前のこととなりつつあります。日焼け止めクリームを利用するときは、紫外線の量を大いに考える必要があります。
皮膚のしくみから簡単に解説しますと、皮膚は体の一番外側にある臓器であり、皮膚の表面から深部に向かって表皮、真皮、皮下組織の3層から形成されています。
皮膚の組織の中で、紫外線や化学物質などの有害なものから体の中を保護しているのを表皮と言います。
表皮の構造は、角質層、顆粒層、有蕀層、基底層の4層に分けられ、表皮細胞はその中の基底層から生まれるのです。
生まれた表皮細胞は有蕀層、顆粒層、角質層へと上がっていき、角質層で垢となりはがれていくのです。
このように肌が変化することをターンオーバーと呼び、28日の周期で皮膚は新しく生まれ変わります。
日焼けの原因はメラニン色素ですが、これは基底細胞の間に点在しているメラノサイトが作り出しており、それこそが日焼けのメカニズムなのです。
メラニン色素はこのように日焼けの原因になっていますが、皮膚細胞が紫外線で破壊されないように守るという働きもしているのです。
けれども、紫外線によって過度に日焼けすることは決して皮膚の健康ためにはよくないので、肌の老化したりしみやしわを作らないためにも、できるだけ日焼け止めクリームで日焼けを防ぐようにすることが大切なことなのです。
紫外線から肌を守り、いつまでも若々しい肌を保つためにも日焼け止めクリームは必須のアイテムです。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方