メイクさんのお肌のお手入れQ&A > お肌のお手入れ方法



日焼けと皮膚の関係


日焼けからイメージされるものは様々ですが、皮膚のためには、あまりよくないこともあるのです。
昔と違い、今では日焼けをして小麦色になった肌をただ健康的というイメージだけでは見ないようになりました。
日焼けによる体へのダメージがクローズアッされており、日焼けによって白内障の原因になる場合もあるようです。
日焼けとは紫外線が皮膚の内部に入ってきた場合に、皮膚からメラニン色素が生まれ、そのまま入り込もうとするのを防ぐためにおきる現象なのです。
日焼けのせいでしみやしわができると、それは老化につながってしまうので、女性も20代をこれば気をつけなければなりません。
日焼けをする環境の中で唯一良いといわれているのが太陽の光です。
人の体が太陽の光を浴びると、体内ではビタミンDが作られるため、体が元気になっていいといわれるのです。
慢性障害のひとつである光老化は、紫外線をあまりに長い間浴び続けたことでおきるのです。
これは歳をとったあとで、色素斑しみやしわを引き起こし、また皮膚の良性腫瘍、悪性腫瘍なども起こすこともあります。
最近の調べでは、紫外線によって皮膚の免疫反応が低下させられてしまうということです。
皮膚の弱い人の中では普通の人では何ら問題ない程度の日光でも色々な皮膚障害症状が出る光線過敏症も紫外線で起こることが多いようです。
こんな悪影響もある日焼けであれば、あまり度を越さず、健康にいいくらいの日の浴び方ができるといいでしょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

日焼けの原因と対策


紫外線は日焼けの元であるといいますが、紫外線それだけで日焼けができるわけではありません。
日焼けは、紫外線が皮膚に当たることで、皮膚の中の基底層という部分でメラニン細胞が、紫外線からメラニン色素を作り出すことで起こります。
メラニン色素を作り出すことで、シミ、そばかすも同様に出来ます。
紫外線の種類には代表的なものに2つありUVBとUVAと呼ばれています。
皮膚が赤くなって日焼けするのがUVBの働きで、黒くなって日焼けするのはUVAの働きです。
紫外線のせいで、毎日の暮らしの中でも日焼けをすることになるのです。
この紫外線から肌を保護するために、外へ出るときは日焼け止めのクリームなどを忘れないようにしましょう。
日焼け止めクリームを塗るときに肌が白っぽくなってしまうのを気にして、薄く塗る人が多いようです。
けれどもあまりに薄く塗ると普通の化粧と同じように落ちやすくなり、汗を拭いたりすると完全に取られてしまうこともあるのです。日焼け止めとしての効果を期待するにはこれではだめです。
日焼けをしないためなのですから、やはりクリームはしっかり塗り、さらに2,3時間おきに塗りなおすようにすれば、日焼けを防止するのに効果は絶大です。
いつでも携帯して、外出の際にすぐ塗りなおしもできるようにしましょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

日焼けと日焼け止めクリーム


日焼けは、皮膚が紫外線にさらされることで、皮膚に赤い炎症が起きてしまうことをいうのです。
メラニン色素が皮膚表面に沈着することも日焼けといいます。
日焼けが発生するのは、太陽によって紫外線が皮膚に照射されたとき、また紫外線の人工灯を使ったときにその照射が激しかったときに起こります。
メラニンの保護能力というものは、皮膚が受けた紫外線から保護できなかったりすると、日焼けにつながります。
肌が白い人は、肌が黒い人と比べてみると、日焼けしやすいのは、このメラニンの保護能力が少ないからです。
紫外線こそが日焼けを起こす原因そのものです。
短波長紫外線、中波長紫外線、長波長紫外線、これらの3つが紫外線を分けている種類です。
こんな日焼けの根源である紫外線は、発がん性物質を含んでいるといわれているので、外で長時間過ごさなければならないときは、UVカットの日焼け止めなどが必要です。
日焼け止めクリームなどを使用すると、肌は紫外線からのダメージを直接受けないですむのです。
日焼け止めクリームには、たいてい日焼け後の肌のほてりを抑えるような効果も持っています。
このごろの日焼け止めクリームはのびもよく、白くなってむらができたりもしないので、大変使いやすくなっているようです。
以前よりずっと使いやすいようになっているので、外出の際もいつも携帯して塗るようにするといいでしょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方