メイクさんのお肌のお手入れQ&A > お肌のお手入れ方法



乾燥肌を改善する方法について


適切なスキンケアを施すこと以外にも、乾燥肌に水分を補う方法がないわけではないようです。

有名なのはコラーゲン鍋です。

肌に必要なコラーゲンを、スキンケアで補うのではなく食べて補うものです。

コラーゲン鍋用のスープも市販されているので、これを使うととても便利です。

イチゴや人参、うなぎなどに多く含まれるビタミンAは、皮膚粘膜の働きを整えて粘膜部分を正常にする効果があると言われています。

新しい皮膚を作り、皮膚のターンオーバーを整える効果がある成分としてはビタミンB2があります。

いわしやうなぎ、レバーに含まれています。

肌を整えるには、肌荒れを解消するビタミンB6も欠かせません。

酒かすやマグロ、レバーなどに多い水溶性のビタミンで、皮膚炎の予防研究によって見いだされたものです。

老化の原因物質である過酸化脂質を減らすには、ビタミンEの摂取がいいでしょう。

ビタミンEは煎茶やナッツ類、アーモンドなどに存在しています。

ビタミンAやCと併用することで本来の効果が引き出され、肌のみずみずしさや血流アップに繋がると言われています。

乾燥肌対策としてビタミンCが用いられることはないようですが、肌がコラーゲンを作る作用を助けるなどしてくれます。

コラーゲンとビタミンCは併用が勧められており、キウイやモロヘイヤ、ピーマン、レモンなどに多く含まれています。

スキンケアによって乾燥肌をケアすることも重要ですが、外側からだけのケアでなく、内部から手を尽くすことも大事です。

取り入れたい成分が多すぎるという場合は、サプリメントを活用してもいいでしょう。

サプリメントの中には乾燥肌対策を目的とした、肌の潤いをプラスするための成分で構成されている商品もありますので、乾燥肌対策に気軽に取り組めるという利点があります。

サプリメントでの栄養摂取は便利な方法ではありますが、うっかり飲み過ぎてしまうこともあるようです。

基本的な部分はスキンケアと毎日の食事で押さえ、フォローしきれない部分にサプリメントを用いて乾燥肌を改善してください。


投稿者 友近由紀子
     
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
東京安心安全美容整形外科|座敷豚の簡単ダイエット|楽々簡単ダイエット講座
お肌の悩み解決箱|サプリメントの基礎知識|Blogger of dietfever

乾燥肌を改善するスキンケア方法


乾燥肌を改善するスキンケアはクレンジングからです。

洗顔剤でまずきめ細かな泡を作ってから、手のひらにできたたっぷりとした泡をお肌に広げていき、洗いすぎず適度な洗顔を目指すようにしてください。

顔を洗う時は、Tゾーンや鼻の周辺の皮脂がよく残っている部分まで泡を行きとどかせ、すすぎ残しのないように水で流してから、吸い取りのいいタオルでこすらずに顔を拭いてください。

肌に保水力を与えるためには、洗顔後のスキンケアで化粧水を使い、肌にたくさんの水分を浸透させましょう。

乾燥肌のスキンケアでは、化粧水をよく肌に浸透させることが一番大切です。

水で絞ったコットンを使った簡単なパック方法があります。

コットンに化粧水をつけて肌につけ、5分おくというものです。

乳液と美容液を塗り、最後にクリームで水分を逃がさないように肌にふたをするのが乾燥肌を改善するスキンケアの基本となります。

乾燥肌に適した美容液や化粧品を使えば、毎日のスキンケアの中で少しずつ乾燥肌が改善されていくでしょう。

コラーゲンやヒアルロン酸を用いたスキンケア用品が最近は増えています。

ヒアルロン酸は細胞間に大量の水分をキープする期待ができる、強力な保湿力があります。

コラーゲンは皮膚に多く存在し、肌の水分を保つ役割をしてます。

加齢や紫外線などによって変質、減少してしまうので補うことも大切です。

コラーゲンの変質の原因がコラーゲンの周りを守っているヒアルロン酸が減少してしまうために起こるとされています。

コラーゲンとヒアルロン酸をを合わせて肌に与えることが大切なのです。

日々の適切なスキンケアと、乾燥肌対策にいい栄養成分の補給により、カサカサの乾燥肌をすべすべのもち肌にしましょう。

投稿者 友近由紀子
     
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
東京安心安全美容整形外科|座敷豚の簡単ダイエット|楽々簡単ダイエット講座
お肌の悩み解決箱|サプリメントの基礎知識|Blogger of dietfever

乾燥肌の原因は間違ったスキンケア


家系的に乾燥肌になりがちだという方もいますが、乾燥肌の多くは肌に合わないスキンケアや、年齢の影響によるものなどです。

先天的になる場合は、アトピーなど他のトラブル抱えている場合もあります。

より複雑で乾燥肌とうまくつき合っていかなくてはならないでしょう。

生まれつきの乾燥肌だと思っていたものが、普段のお手入れや年齢の影響によって肌の水分が少なくなっていたためというケースも存在します。

男性ホルモンの減少が原因で、女性は25歳ごろ、男性は50歳ごろから減り始め皮脂の分泌が少なくなるといわれています。

スキンケアが肌に合わないものであるために、乾燥肌の症状が出ている人が多いことは見落とされがちです。

クレンジングをオイルクレンジング、油性ジェルなど油性のものを毎日使用していると、本当は必要な皮脂まで奪ってしまい乾燥肌にしてしまうことがあるのです。

油性のものは、きっちりとメイクをした時だけにとどめたほうがよいでしょう。

顔を洗うお湯が熱めの場合、必要な油分も溶かしてしまって乾燥肌になることもあります。

また、顔を洗う時に強くこすりすぎたり、ファンデーションをつける場合にスポンジで肌をこすりすぎると角質層の剥離を促し、肌の水分が蒸発しやすく刺激に敏感になってしまうといいます。

乾燥肌の原因となる肌の水分の減少は、何らかの理由で肌の油分やコーティング部分がなくなって水分が出て行くことがあります。

不適切なスキンケアによる乾燥肌ならば、先天的理由や加齢による水分の減少と違って、何をどうすれば肌を乾燥から守ることができるのかが明確になっているともいえるでしょう。

顔の洗い方に気を配るだけでも乾燥肌に水分が戻ることもあります。

正しいスキンケアのためもにも、顔の洗い方や化粧品の使い方を見直してみてください。

投稿者 友近由紀子
     
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
東京安心安全美容整形外科|座敷豚の簡単ダイエット|楽々簡単ダイエット講座
お肌の悩み解決箱|サプリメントの基礎知識|Blogger of dietfever
脚痩せるんるん♪美脚の創り方