メイクさんのお肌のお手入れQ&A > お肌のお手入れ方法



正しいクレンジング


洗顔をする前に、女性の場合はお化粧をしていれば、まずそのお化粧をきちんと落とさなければなりません。
明るい素肌を維持するためにも、正しいクレンジングを行うことは大変大切なことなのです。
まずは目元専用のリムーバーを必ず使うようにして、アイメークをしっかりと落としましすが、落としきれないと色素沈着がおこって黒ずみの原因になってしまうので気をつけましょう。
目元のクレンジングのとき、リムーバーをたっぷりとしみ込ませたコットンで目元を押さえてメイクを取り除きますが、そのときマッサージも同時に行うようにすると、肌のためにもなります。
そのとき顔の内側から外側に向かってマッサージすると効果的です。
いちばんよく落ちるクレンジング剤はオイルタイプですが、べたつく感じが嫌な人は拭き取りタイプを使うといいでしょう。
拭き取りタイプならば、なるべく柔らかいものを選ぶようにしましょう。
肌にハリと明るさを戻すためにも、クレンジングの後、ベタベタ感が残っていて気持ち悪いという場合はそのままにせず、水性クレンジングで拭きとり、洗顔をきちんと行うようにしましょう。
クレンジングと洗顔の後は必ず化粧水などでスキンケアをしましょう。
まだ水分が残っていて、肌が乾いてしまう前にするのが大事なのです。
乾ききった肌に水分を与えてもなかなか浸透しないからです。
以上のようなことを頭に入れ、正しいクレンジングの仕方でメイクをきれいに落とすといいでしょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

正しい洗顔方法の基本について


日々の習慣のように私たちが必ず行っている洗顔ですが、意外にその正しい方法は知られてはいないものです。
そのやり方ひとつで後々の肌の状態も変わってくるといわれる洗顔ですが、それでは基本的な洗顔方法はとはとういうものでしょうか。
洗顔方法の基本は、まず髪の毛を顔にかからないようにゴムやヘアバンドですっかりとまとめておきます。
それから、洗顔料の泡立ちをよくするために、洗顔の前には自分の手をきれいに洗っておくことを忘れないようにしましょう。
顔は、洗顔料をのせる前に少し湿らせますが、このときぬらしすぎない方が良く、一度水をつけて軽く拭き取ったくらいの湿らせ方が適当です。
少し湿らせておく理由は、乾いたままの肌は弱酸性で、それにいきなりアルカリ性のものが触れると強い刺激を与えてしまうことになるからです。
洗顔の前に濡らしておくことは、汚れを泡に巻き込みやすくなるということで、洗浄効果も高まります。
洗顔料はとにかく良く泡立たせることが大切で、キメの細かい泡が汚れを落としてくれます。
洗顔料がしっかり泡立てられてないと、肌の余分な皮脂も奪われることになり、もっと皮脂を分泌してしまいます。
泡を転がすように、指を直接肌に触れさせない程度の洗い方がよく、軽すぎると思うくらいでがちょうどいいのです。
しっかり洗いたいと思い、あまりに強く洗いすぎると、肌がアルカリ性へ近づき、抵抗力が落ちることになります。
洗顔後は水でよくすすぎ、洗顔料が残らないようにして、すすいだ後はきれいな柔らかいタオルで軽く水気を吸い取りますが、そのときもゴシゴシこすらないようにしましょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

メイクを崩さない肌作り


季節や環境に左右されて、メイクは皮脂が浮き出ると崩れるものです。
お化粧崩れが気になって、たびたびトイレに行っては時計を気にしながら手直しをする、というようなことをいつもしなければならことが、悩みの種になっている、という人もいるでしょう。
カラカラに乾燥していれば、お肌のトラブルが気になるしメイクの馴染みもよくないし、逆に、脂っぽければ崩れてしまう。
そのような問題がなくなって初めて崩れにくいメイクが完成します。
そんな悩みも日ごろちょっと手をかけることで少しは変わるはずで、まず、化粧崩れしにくい肌質へと改善するように努力してみましょう。
そのためには、清潔であること、保湿されていること、保護されていることが重要です。
そんな化粧崩れをおこしにくくする肌質改善のルールを4つご紹介します。
まずそのひとつは、寝ている間に出た汗や皮脂汚れをきれいに落とす、朝の洗顔が大切で、ミルククレンジングなどを使うのもいいでしょう。
さらに、水分補給で、毛穴や皮脂が気になる場合は、ローションパッティングを入念に行ないます。
さらに、油分補給で、ベタベタを嫌がって、油分を補給しないのはいけません。
油分がどうしても気になるときは、ティシュで軽く吸い取れば、それで充分です。
さいごに、肌の水分と油分のバランスを均一にすることで、それにより肌のトラブルをかなり軽減することができるのです。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方