メイクさんのお肌のお手入れQ&A > お肌のお手入れ方法



イオン美顔器とビタミンC誘導体の関係


ビタミンC誘導体は、イオン美顔器を使用するときに必ず登場してくる重要な成分のひとつです。
通常のイオン美顔器を使う際に一緒にビタミンC誘導体を購入する女性が多いようです。
酸化されやすいビタミンCを安定化したものが、そのイオン美顔器と一緒に使用されるビタミンC誘導体なのです。
通常ビタミンCは、みなさんもご存知のとおり、そのままでは皮膚に吸収させることができないのです。
ビタミンC誘導体は、その吸収されないというビタミンCの欠点を改良したものです。
ビタミンCに比べて角質層への透過がよいビタミンC誘導体は、より長い時間、皮膚内に残留することができるのです。
またビタミンC誘導体は細胞内へビタミンCを供給することができるため、活性酸素を除去する効果が優れています。
またコラーゲンの合成を促すことも、細胞を使った実験で証明されています。
他の効果として、皮膚の内部へ入っていくと、ビタミンC誘導体は、メラニン色素に近づいてビタミンCに変化するのです。
お肌の大敵であるメラニン色素の元が、皮膚の内部で新しく生成されるのを、このビタミンC誘導体は分解してしまうという働きをするのです。
このようにビタミンC誘導体は皮膚の内部でビタミンCに変化し、皮膚の内部でコラーゲンの合成を促進、保湿を促す効果があります。美肌に効果のある成分として、ビタミンC誘導体にはシワやたるみ防止のほか、お肌の若返り効果などもあるので、たいへん期待されているようです。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

イオン導入機でお肌美人


陶器のようなツルツルで美しい肌を手に入れるにはイオン導入機がまさに最適です。
ではなぜイオン導入機を使うと肌が綺麗になるのでしょう。
その効果は直接肌に作用し働きかけます。
イオン導入機は皮膚への浸透に大変優れているのです。
栄養分である、2つの成分に最大の秘密があります。
これらが栄養分として使われていることが、肌へとても良いお仕事をしてくれて効果が倍増するのです。
プラセンタ原液のプラセンタとは胎盤のことで、ヒトの胎盤から有効成分を抽出したもので作られているのです。
血液の循環を促進する、新陳代謝を促す、ホルモンバランスを調節する効果があるのが胎盤です。
また、炎症を抑え、免疫力を向上させます。
そのような作用が肌にも同じ効果が得られます。
また、肌の保湿作用が活発になり、潤った肌へと導いてくれます。成分はアミノ酸、ビタミン類、ミネラルなどが豊富になっています。
ビタミンC誘導体の一番の効果は、ストレスなどから過剰に生成される活性酸素を除去してくれることです。
これが働くのは抗酸化作用の効果のおかげです。
活性酸素は決してあなどってはいけません。
人間のあらゆる細胞の老化を促進してしまいます。
まとめますと、ビタミンC誘導体は、肌成分コラーゲンの生産を促進して、弾力のある肌を導き、皮膚を丈夫にしてくれるのです。
というわけで、イオン導入機から有効成分を肌に浸透させることにより、その成分の効果でより若々しい肌になっていくのです。
また、イオン導入機を習慣化することで、老化予防対策にも効果があります。
年齢によるシワやシミにも効果があるそうですよ。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

これであなたも美肌になれる


美肌という言葉はよく耳にしますが、その意味をきちんとわかっているとあなたはいえますか。
潤い、滑らかさ、ハリ、弾力、血色、ツヤこの6つ全て揃うと美肌と呼べます。
肌に水分がたっぷりある状態が「潤い」の意味で、触ったときの感じ方で望ましいのが「滑らかさ」です。
肌がたるんだりせず、ぴんと張った状態が「ハリ」のある肌で、肌を押してみて、押された肌がすぐに戻るような状態が、「弾力」を持っているといいます。
肌の血色とはうっすらと赤みを帯びた状態をいい、つやのある肌とは、剥きたてのゆで卵のような、つるつるした肌をいいます。
お肌を保護・改善していくためには、サプリメントなどでその内側からケアしていくこともできますが、もっと身近な方法を、入浴時に行うこともできます。
スキンケアをしているつもりでも、一向に肌がきれいにならない場合は、もしかしたらその方法が間違っていたり過剰になっている場合があるので、見直してみることも大切です。
そんな間違ったスキンケアのせいで、しわやしみを作ってしまうこともありうるので、まず正しい方法で美肌作りをしていきましょう。
まず、美肌に重要な「水分」これは忘れてはいけない第一条件で、水分は、酸素や栄養を細胞に届ける働きがあります。
水分を摂って、細胞が活発に働けば皮膚が生まれ変わるサイクルも正常になります。
皮膚は一般に28日で生まれ変わるといわれていて、新陳代謝が悪ければ、もっともっと時間がかかるわけです。
そうやって内側からキレイを目指してこそ美肌は生まれるのです。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方