メイクさんのお肌のお手入れQ&A > お肌のお手入れ方法



美肌を保つための基礎知識


美肌を手に入れるためにまず、潤いを保つことが重要になってきますが、そのためにはセラミドという成分が必要です。
セラミドは、若い10〜20代の角質には充分あって肌は常に守られていますが、加齢とともに失われていくため、潤いを保つにはやはり外から補助していく必要があるのです。
そのため、30代40代になっても若いころのようなスキンケアを変えなければ、肌の潤いを保持していくことは不可能で、思わぬ肌トラブルを招くことにもつながりかねません。
美肌作りのもうひとつの大切な条件、ハリを保っていくためには、年齢とともに衰えやすい顔の筋肉を鍛えるために、顔のマッサージをしたり顔の運動をすることも効果があるのです。
マッサージするときのポイントは、手を上に持ち上げるように動かすことで、これにより顔の筋肉が下がるのを防ぐことができます。紫外線の影響も充分にありますので、日焼け止めや化粧品の使用も効果的です。
人の顔の血液の量は、季節によって多少変化をするものです。
暖かくなる春は、顔の血液量は減りだし、逆に気温が下がりだす秋は、血液量が増えるようになります。
これは、体が温まると冷やそうとし、冷えると温めようとするからだの調整機能なのです。
この血液の量の上がり下がりと、気温の上昇にずれが生じると、肌のバリア機能が低下して美肌作りに影響が出てきます。
角質層は、このような美肌作りのためのバリア機能の働きを担うものです。
角質層の水分を保つことが美肌には何より大切なわけで、そのため水分補給、保湿ケアが重要になってきます。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

ヒアルロン酸のサプリメント


ヒアルロン酸は体内から失われていく為、ヒアルロン酸ドリンクなどのサプリメントなどで補う必要性があるのです。
前述したように、日常の食品からヒアルロン酸を取り入れることはとても難しいからです。
ヒアルロン酸ドリンクなどのサプリメントは主に2種類の効果か期待できます。
健康効果と美容効果です。
ヒアルロン酸は保湿力に大変すぐれています。
皮膚をみずみずしく保ち、お肌にハリとうるおいを与えます。
健康については、目や関節への効果が期待されます。
ヒアルロン酸ドリンクで疲れ目や目の乾燥を防ぐほか、関節の痛みを軽減する効果を期待できます。
ヒアルロン酸ドリンクなどのサプリメントは多様です。
選ぶ際には配合や成分をよく調べましょう。
ヒアルロン酸のほかにもあまり聞きなれない成分が入っている場合もあります。
それを大まかに知ることで、その成分がどんな効果が期待されて配合されているのかを知ることが大事といえるでしょう。
ところで、今までご説明したヒアルロン酸は薬ではありません。
ですが、魔法のドリングというものではありませんので、飲んですぐに効果が劇的に変わるという訳ではありません。
美容効果を充分に出したいならば、まずは栄養バランスの取れた食事と十分な睡眠。
ていねいなスキンケアも忘れてはいけません。
その上でサプリメントを摂取すれば、効果の倍増も期待できるでしょう。


メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

ヒアルロン酸のお肌への効果 


美容や健康に良いとされるヒアルロン酸ドリンクは体にどのように作用するのでしょうか。
ヒアルロン酸は保湿力に優れているため、ヒアルロン酸の豊富な部分は水分が多く含まれます。
カサカサしていて、潤いが足りないかもと感じているお肌はヒアルロン酸が減ってしまい、水分量が足りていない状態なのです。
ヒアルロン酸ドリンクは保湿力の部分で効果が発揮されます。
ヒアルロン酸を多く含む肌はみずみずしくハリが出て、逆に欠乏すると潤いがなくなり、お肌は乾燥してシワやたるみの原因になります。
赤ちゃんや小さい子の肌はもちもちすべすべで、皮膚のヒアルロン酸の量が豊富です。
一方、年をとると肌がシワシワになり、皮膚の中に含まれるヒアルロン酸が減少してしまいます。
ヒアルロン酸はお肌だけではなく血管の中にも含まれていて、血管の柔軟性を保つ役割も担っているのです。
目の眼球の中でもヒアルロン酸はゼリー状のガラス体に多く含まれています。
目の中のヒアルロン酸は潤いを目に与え、疲労を回復する役割もあるとされています。
ヒアルロン酸を配合した目薬も市販されるようになりましたが、これは疲れ目やドライアイの症状への効果を狙ったものです。
それからドリンク状のヒアルロン酸でも目の効果を狙ったものがあります。
ヒアルロン酸ドリンクにはその他にも色々な効果が期待されます。女性の体の中で大切な卵巣等にも良いのです。
また脳にもヒアルロン酸は存在し、それぞれの部分で豊富な水分を保っているのです。
驚くことに、更年期障害にはヒアルロン酸との関係が深いと言われています。
ヒアルロン酸は更年期障害が現れる40歳前後頃からだんだんと失われていくものですから、症状が現れる早い段階から積極的に早めに摂取しておくのが重要だと思われます。


メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方