メイクさんのお肌のお手入れQ&A > お肌のお手入れ方法



乾燥対策による肌の若返り


いったいどのように肌の若返りができるのでしょうか。

お肌は年齢と共に少しずつ変わっていくものです。

実際時の流れを止めたり戻ったりすることはできませんが、いつまでもお肌は若々しい状態でいたいものです。

何をすれば肌の若返りには効果的なのでしょうか。

乾燥は、加齢によって引き起こされる肌の変化の代表的なものです。

若い頃は真皮層に豊富に存在していたコラーゲンも年を取ると減少し、表面が乾いてカサカサになり、目じりや額、口元などにしわができやすくなります。

しっかりと皮膚の保湿力を取り戻すことが、肌の若返りには不可欠です。

保湿による若返りには2段階のケアが必要で、角質層にしっかりうるおい成分を与え、その後にうるおいが逃げないよう油分でコーティングするようにしましょう。

保湿液をたっぷりと肌に浸透させることが、肌の乾燥対策で若返りをするためには大切なことです。

洗顔後すぐの肌はしっとりしていますが、皮脂膜や天然保湿因子が洗い流されており、一番乾きやすい状態でもあります。

洗顔後にたっぷり補ったほうが良いのは、ヒアルロン酸やアミノ酸が含まれた化粧水です。

きちんと保湿ケアを行った肌になったら、しっかりと保湿クリームを塗って、水分が蒸発して逃げていかないようにしましょう。

乳液やクリームでお肌にフタをして、水分が逃げていかないようにすることが、肌の若返りのために重要です。

肌の保湿力をもう一度戻すことで、若返りをすることができるでしょう。

投稿者 友近由紀子
     
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
東京安心安全美容整形外科|座敷豚の簡単ダイエット|楽々簡単ダイエット講座
お肌の悩み解決箱|サプリメントの基礎知識|Blogger of dietfever

ケミカルピーリングの作用と副作用


自宅での日々のケアでは取りこぼしのある部分まで、ケミカルピーリングならば美肌効果をもたらすことができるといいます。

ケミカルピーリングでは肌細胞レベルからの肌の再生が可能となり健康的で美しい肌が手に入ります。

ケミカルピーリングによる肌の再生効果は、人によって違いますが半年程度です。

シミ、くすみ、小じわ等の女性のお肌の悩みやトラブル対策としてかなり有効的な美肌の為の手段とされています。

美容外科の中でもケミカルピーリングは有名で、名前を知っている人が多い方法でもあります。

毎日の洗顔だけではなかなか洗い落とせない汚れまで、ケミカルピーリングでなら落とすことができます。

肌細胞へ刺激を与え肌細胞の再生を促し、酸や化学物質などで意図的に皮膚に障害を与えることで、新しい肌の生成を促すという方法です。

ケミカルピーリングで留意しなければならない点はどういったものかを認識してからケミカルピーリングを受けるようにすることが大事です。

古い角質や老廃物だけで無く必要な角質部分まで除去してしまうと、色素沈着などの原因となります。

デリケートな肌タイプの方は、ケミカルピーリングをする前に担当医などに相談してみましょう。

厚生労働省は、ケミカルピーリングは医療機関でのみするようにと通達しています。

特に肌の弱い方、効果や副作用への不安がある場合は皮膚科専門医の常駐しているクリニックなどでのケミカルピーリングの施術が安心です。

投稿者 友近由紀子
     
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
東京安心安全美容整形外科|座敷豚の簡単ダイエット|楽々簡単ダイエット講座
お肌の悩み解決箱|サプリメントの基礎知識|Blogger of dietfever

ケミカルピーリングとは


肌ケアのひとつにケミカルピーリングがあります。

古くなった肌細胞を除去し、その下層から新しい肌細胞がどんどん作られるように、金属アルミナや酸性の化学物質を皮膚につけて肌をリフレッシュさせるというものがピーリングの基本です。

一般にシミ、くすみ、小じわ、ニキビなどに効果があるとされています。

ケミカルピーリングは、様々なピーリングの中でも特に知名度が高い方法といえます。

ケミカルピーリングはスキンケアに用いられる手法で、酸によって皮膚の再生機能を活性化させ若々しいお肌を作るというものです。

くすんで乾いた古い皮膚を落とし、再生力の高まった若々しくみずみずしい肌がケミカルピーリングでは期待できます。

ケミカルピーリングは治療目的によって使用する薬剤や皮膚の溶かす深さが変わるとされています。

フェノールやTCAなどのトリクロロ酢酸や、AHAのグリコール酸や乳酸がケミカルピーリングでは盛んに活用されていると言われています。

最近よく使われるケミカルピーリングの薬剤は、皮膚のどの位置まで影響を与えるといいか調整のしやすいAHAとなっています。

AHAはフルーツ酸とも呼ばれ、リンゴやブドウ、オレンジなどに含まれている酸を使います。

フルーツ酸の作用で年をとった細胞を剥離させ、コラーゲンを生成する繊維芽細胞に刺激を与えて肌の再生を促すという仕組みです。

酸性の薬剤にどういった効果があるか認識した上でケミカルピーリングの活用を検討してください。

投稿者 友近由紀子
     
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
東京安心安全美容整形外科|座敷豚の簡単ダイエット|楽々簡単ダイエット講座
お肌の悩み解決箱|サプリメントの基礎知識|Blogger of dietfever
脚痩せるんるん♪美脚の創り方