メイクさんのお肌のお手入れQ&A > お肌のお手入れ方法


【お肌のお手入れ方法】 の記事一覧


保湿クリームの使い方


保湿クリームと美容液はどう違うのでしょうか。

一般的に美容液より保湿クリームの方が肌への美容効果が期待出来るといわれています。

医薬部外品あるいは医薬品として販売されている保湿クリームは、皮膚軟化剤や保湿剤が含まれるスキンケア用品です。

保湿効果のある美容液もありますが、美容液は美白や肌の栄養添加にも役に立ちます。

肌のタイプが脂性タイプあるいは普通タイプなら、美容液と保湿クリームのどちらでもスキンケアに有効です。

乾燥肌や湿疹等の肌トラブルを伴う場合は、薬効成分を多く含む医薬品の保湿クリームの使用をお薦めします。

肌から水分が失われるとかゆくなりがちですが、うっかりかきすぎて肌に傷がつかないようにしましょう。

成分表示に尿素と書かれている保湿クリームが、皮膚の乾燥緩和には役に立つでしょう。

保湿クリームには油分が含まれているので、気になる人はオイルフリーのジェル状の保湿クリームがおすすめですが、ジェル状の保湿クリームの保湿成分は蒸発しやすいそうです。

肌から水分が逃げていってしまわないよう、入浴後や洗顔後の肌に十分なスキンケアをしてから、保湿クリームを塗ります。

保湿クリームで肌からの水分蒸発を防止することにより、化粧水を施して肌に与えた水分が空気中に出て行ってしまわないようにします。

化粧水の中にはアルコールが入っているものもありますが、アルコール成分は肌の水分を奪うことがあるので、利用時には気をつけてください。

自分の肌の状態や生活環境と考え合わせて化粧品を試用しつつ、化粧水を肌に浸透させた直後にいい保湿クリームで肌を塞いでください。

投稿者 友近由紀子
     
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
東京安心安全美容整形外科|座敷豚の簡単ダイエット|楽々簡単ダイエット講座
お肌の悩み解決箱|サプリメントの基礎知識|Blogger of dietfever

保湿クリームとは


保湿クリームとはスキンケア用品の一種で、近年では化粧品メーカーだけでなく医療品関係会社からも製造されている商品です。

保湿クリームは色々な商品が出回っていますが、高級なものほどいいとは限りません。

肌の性質には個人差があり、生活リズムや日中をどんなところで過ごすかでも違います。

適切な保湿クリームを見つけるためには、まず肌の保湿の必要性について確認しておきましょう。

肌の保湿についても理解しておく必要があります。

保湿とは、肌に十分な水分を補充することによって、乾いた肌に潤いをプラスすることです。

では、肌の保湿とはどうして行わなければならないのでしょう。

人体は7割弱が水分で、体内水分量が43%を割り込むと死亡します。

水分が体から失われると、体は乾燥してカサカサになります。

肌も水分が足りなくなるとしっとり感がなくなってしまいます。

肌は表面の表皮層や深い層にある真皮層がありますが、表皮層が乾燥すると足りない水気を真皮から奪うので真皮層も水分を失っていきます。

皮膚に水分を与える時は、肌から水分が蒸発していく機能そのものの対策がなければ、結局は全体的に乾いてしまうでしょう。

もし保湿状態のいい肌であれば、乾燥した環境にあっても水分は肌から逃げていくことはありませんので肌の水分量を損なうことなく、美肌を維持することができます。

代表的な肌の保湿成分は、ヒアルロン酸やセラミドといったものです。

セラミドやヒアルロン酸が配合された美容液や保湿クリームで、しっかりと保湿の為のスキンケアをするようにしましょう。

投稿者 友近由紀子
     
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
東京安心安全美容整形外科|座敷豚の簡単ダイエット|楽々簡単ダイエット講座
お肌の悩み解決箱|サプリメントの基礎知識|Blogger of dietfever

保湿美容液の選び方


美容液による保湿が、慢性的な乾燥状態にある肌にとっては必要ではないでしょうか。

実際に肌のうるおいは年齢ともに低下していきますが、加齢効果を日々のスキンケアである程度抑えることは出来ないことではありません。

化粧水だけでも、水分を外から与えるだけなら事足りますが、美容液は肌の保湿力が逃げないように捉えておくためには不可欠なのです。

用途によって美容液の種類はいろいろあります。

皮脂コントロールや小じわやしみ対策、紫外線防止対策など、保湿や美白だけでなく様々な用途があります。

初めて美容液を使う方には液状がお勧めです。

最も一般的なタイプで、浸透性の良さがポイントです。

保湿対策に効果的なのが、ゲル状やジェル状の美容液です。

肌の保湿はスキンケアの根本となるもので、その影響は化粧のノリにもアンチエイジングにも及ぶものです。

人の肌が保湿に用いているのは、天然保湿、セラミド、皮脂です。

これらのそれぞれが協力しあいやすい美容液が、美容液を使う時は効果的だといえます。

肌のうるおい成分に素早く働きかけるチャージ型と、再生中の細胞に影響を及ぼすうるおい育成型が、美容液の保湿力にはあります。

そして化粧品はライン使いにこだわる必要は、薬品ではありませんので、特別な注意事項がない限りは無いといえます。

使用感の好みや肌に合うか気をつけながら美容液を選びましょう。

投稿者 友近由紀子
     
[PR]
管理栄養士のダイエットプログラム|最速カリスマ英語マスター|サプリメント情報局
東京安心安全美容整形外科|座敷豚の簡単ダイエット|楽々簡単ダイエット講座
お肌の悩み解決箱|サプリメントの基礎知識|Blogger of dietfever
脚痩せるんるん♪美脚の創り方