簡単にできるシワ取りの方法


家庭で手軽にできるシワ改善ケアにチャレンジしてみませんか。

目じりや首の小じわが目に止まるようになってきたら、対処が必要な頃です。

早い段階でシワのケアをすれば、その分だけ効果があります。

まず目のまわりの小ジワを取る方法ですが、これは肌の乾燥が原因ですのでとにかく水分を補給することが一番のシワ取り方法になります。

まず顔全体に化粧水や美容液をたっぷりとつけて水分を補給し、その後片方の手で固定しながらシワを広げてアイクリームを軽くポンポンと叩くようにつけましょう。

これを毎日続けていくと目のまわりの小ジワを取ることができますし、小ジワの予防にもなりますので根気よく続けることがシワ取りの方法では大切です。

スキンケアも重要ですが、深いシワを少しでも目立たなくさせたい時は、顔面の筋肉マッサージがおすすめです。

顔の筋肉を動かすには、アイウエオ運動がおすすめです。

まず鏡に向かって大きい声でアーと口を開けましょう。

これを順番にアイウエオと繰り返します。

この運動のポイントは顔を筋肉を大きく動かすように意識してやることです。

この他、シワを消すためには、マッサージクリームでマッサージをし顔に刺激を与えるとい方法もあります。

気になるシワがあったとしても、運動とマッサージを適切に続けることで、気づけば気にならなくなるはずです。

シワがまだ気にならない人でも、今から対策を立てることは重要です。

シワ取り運動、マッサージは予防にもなりますので、ぜひ組み入れてください。

シワの原因


なぜ、年を取るとやたらとシワが増えてしまうのでしょう。
人間である限り、長く生きているとどうしても肌にシワが刻まれてしまうものですが、できるだけシワを減らしたいと願う人は決して少なくありません。
肌にシワが刻まれるのは、皮膚が乾いたせいでもあります。
目や口の周りは薄くてデリケートな皮膚なので、乾燥でハリがなくなるとすぐに小ジワという形で現れます。
この頃は冷暖房を年間通して使用するなどで空気が乾燥しがちなので、肌も乾きがちです。
シワ対策には、乾燥した環境から肌をいかに守っていくかという点も見逃せません。
保湿成分を含むスキンケア商品を活用してお肌の水分を補うことができれば、シワを消すことが可能です。
小さなシワだからと放置しておかず、早い段階のスキンケアでシワを消しましょう。
少しの油断で大きなシワにまで発展してしまいます。
大きいシワ、特に口元の法令線、顔や額にくっきりとできる深いシワのことをいいます。
また、首に深いシワが刻まれることもあります。
普段の姿勢が歪んでいたり、枕が合わない場合などです。
深いシワは肌が硬くなって、形状記憶されてしまっているのでスキンケアやシワ取りマッサージなどで顔の筋肉を動かすことで改善していきましょう。
シワの要因は一様ではありません。
個人の特性に合わせたシワ取りのために、まず自分のシワの理由を突き止めましょう。

注射によるシワ取り方法


シワ取りに有効な薬液を注射によって注入することでシワを取る方法もあります。
元々真皮層に存在するコラーゲン、ヒアルロン酸を皮膚に注入します。
この注射で、シワの溝のへこんだ部分の下を持ち上げてシワを消すのです。
よく冷やした皮膚に細い針を注射をすることになります。
痛みは少なく、小ジワの処置なら20分程度とごく短時間で終わります。
シワの下に注入した薬液は、しばらくは皮膚を押し上げていますがいずれは吸収しれなくなってしまいます。
また、美容外科で使うコラーゲンは子牛の真皮から精製したものです。
アレルギーテストが必要になりますので、シワ取り手術を受ける前に1ヶ月は経過を見なければなりません。
目の下の小じわ、鼻の両脇にできる線などのシワ取り手術として、シワ部分の下の皮膚にヒアルロン酸を注入する方法が広く使われています。
人体にはヒアルロン酸が元来含まれており、真皮の下から皮膚を押し上げて、シワを消す役目を担っています。
生来のヒアルロン酸と異なり、シワ取りで注入したヒアルロン酸は体内に入ると徐々に分解され吸収されるため、一年弱でなくなります。
ボトックス注入法は皮膚の下からシワを押し上げるのではなく、筋肉に作用してシワを消すという手術です。
ヒアルロン酸注入とボトックス注入をうまく併用することで、シワ消し効果が高まります。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方