【シワの悩み】 の記事一覧


手術によるシワ取り


現在では、シワの手術はかつてそうであったよりも手軽で安全なものになりました。
シワやたるみが発生しやすい顔の部分はたいてい一緒で、口元、目元、首、頬などとなりますが、どこも手術でシワ取りをすることができます。
シワ取りの手術には入院の必要はなく、翌日からも人前に出ることができます。
シワやたるみを切り取ってしまうことから傷跡が残りますが、まつげの下や髪の中の目立たない場所であるため、特に心配することはありません。
手術後の顔のシワは、顔を上にして寝そべった状態で鏡を見たときのような形になります。
頬のシワや鼻の横のみぞに対しては、耳の上下付近でたるんでいる皮膚を切り取って、筋肉を斜め方向に引き上げる形で手術を行います。
目元や鼻の横のシワを取ってしまうのにはこれが一番で、皮膚だけを切り取ってシワを取り去るよりも、筋肉を斜め方向に引き上げた方が効果が長く続きます。
目の下のシワ取り手術の場合は、まつげの生え際の皮膚を少し切り取ります。
術後にまぶたの下に皮下出血のような色が出ることがありますが、一週間ほどでなくなります。
額に対してシワ取りを行うには皮膚を切り取って引っ張り上げるわけですが、皮膚の切り取りは髪の生え際よりも数センチ上で行われます。
この手術のよい点は、額の皮膚が厚いことから腫れたりすることがほとんどないことです。
美容外科医によっては、表在性筋膜に処置を行う者もいます。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

シワ取りの仕組み


年を取るにつれて増えてゆくシワ。
シワはいったいどうしてできてしまうのか、また、シワを消すためには何をしたらいいのでしょうか。
シワは皮膚の真皮層が年齢と共に壊れていくためにできていくもので、いわば人生の年輪と言えます。
真皮層はその70%がコラーゲンでできた弾力のある層ですが、年齢と共に層が衰えることで表面に起伏ができてきます。
一方、皮膚の表面には凹凸がありますが、細く凹んだ部分は皮溝と呼ばれ、皮膚表面を編目のように走っています。
真皮層が破壊されて波打ってくると、皮溝が深くなっていきシワになっていきますが、この皮溝を浅くすることでシワ取りを行います。
皮膚は筋肉の運動に沿って伸びたり縮んだりします。
目や口の周りといった最も気になる部分のシワは、表情を司る筋肉によってつくられていきます。
普通にしているとシワが出ない人でも、笑ったときには目尻や口元のシワがでます。
年を取ると、表情筋に力を入れていない時にもそのシワが残ります。
シワ取りで最も取りたい部分ですが、表情の豊かな人ほどシワはできやすく、笑顔が多い人ほど横方向のシワになります。
顔にシワが出るのを嫌って表情もなく笑顔も見せずに生きていくよりも、顔のシワをある程度受け入れつつ、ほどほどのシワ取りをしながら笑顔で人生を謳歌した方が、充実した生き方と言えるのではないでしょうか。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

シワの原因


シワは、年齢を重ねるごとに気になってくるものですが、女性なら誰しもがそれをなくしていつまでも若々しくありたいと思うものです。
ではなぜ歳をとるにつれ、顔にシワが出てくるのでしょうか。
それは人間の肌が細胞分裂、いわゆる再生できる回数が決まっているからで、つまり肌にも年齢があるというわけです。
肌が再生できなくななると、たるみが生まれはじめ、シワができるというわけです。
そもそも皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3つの層から構成されていて、それを支えているのが筋肉です。
皮下組織には脂肪細胞が集中しているので、脂肪が多くなれば当然たるみをつくることになりますが、皮膚を支える筋肉がしっかりしていれば、シワは起こらないのです。
シワの原因は年齢による肌の老化だけではなく他にもありますが、一番気になる、ほほのシワについて考えてみましょう。
ほほは顔の表情を大きく変化させる上で大切な部分ですが、それには食生活や生活環境が大きく関わっていて、食事の度に口を動かすことで咀嚼筋を使ったり、笑ったり、泣いたりするときはもちろん、顔の筋肉は普段の生活ではあまり意識しなくても、よく使っている部分なのです。
もっと筋肉を使おうと意識することで、シワを防ぐことは可能なのです。
ストレスなどで表情が暗くなると、ほほも下に落ちてしまうもので、生活環境が悪いことが原因でストレスを感じて気持ちが落ち込んでしまうこともよくないのです。
疲労はもちろんエアコンによる乾燥、紫外線などの直接的な刺激もたるみをつくることになってしまいます。
シワを防ぐには、肌に良い食事はもちろん、健康的な生活を心掛けることが大切で、たるみの原因をよく知ることも、シワを改善することにつながるのです。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方