【シワの悩み】 の記事一覧


シワのでき方


生まれたばかりの赤ちゃんの皮膚が一番良い状態ですが、加齢とともにシワが出来てしまいます。
シワも年齢によって異なります。
年齢を重ねてできるシワには、それぞれ特徴があり、20代後半から肌は老化へ向かいます。
シワが出来始める平均が20代後半という人が多いというようです。
法令線が目立つようになります。
それほど気にはなりませんが、放っておくとどんどん深くなりますので注意が必要です。
30代ぐらいになると筋肉の衰えが原因でシワがより深くなります。一番顕著にシワが出るのが特に目じりのシワです。
笑いシワとは違い、表情に関係なく消えないシワです。
さらに40代に入ると、まさに肌の老化現象がおこります。
なぜなら肌成分コラーゲンが半分以下になてしまうからです。
首やあごや、襟足にもシワができはじめ、さまざまの部分のシワができるようになります。
顔以外に出来たシワは消えるどころか深くなってしまいます。
あまり使わない筋肉の上の皮膚に出来るからなのです。
50代からは、顔全体にシワができるようになります。
唇や口の周りなどあらゆるところに細かいシワからくっきりとしたシワまで、できるようになります。
やはりいつまでも若々しくみずみずしい肌でいたいものですよね。シワは生きてきた証ですが、美しく年を重ねたいものです。
いくら歳を重ねたひとでも、驚くほどキレイな肌の人はたくさんいるのです。
シワと年齢は必ずしも比例するわけではありません。
ずっとキレイな肌でいたい、シワが出来ても「消して見せるわ!」という感じで気持ちを持つことが大事かもしれませんね。


メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

シワができる原因を御存知ですか


加齢とともにシワは増えてしまいます。
シワは何故できてしまうのでしょうか。
ハリがなくなったり、肌が老化して水分不足になってり、加齢とともにシワは増えますが、肌が元の状態に戻らなくなってしまうとシワの原因になってしまいす。
肌は3層で構成されています。
表皮、真皮、皮下組織です。
皮下組織が表皮と真皮を支え、真皮が表皮を支えています。
シワが出来る原因としてこの、真皮が原因であることがあります。真皮のコラーゲンの減少と筋肉などの皮下組織の衰えです。紫外線は肌に良くないことはご存知だと思いますが、紫外線はシワの原因として深い関係があります。
またさらに、肌の水分が失われると、肌が乾燥してしまい老化を早めてしまいます。
そしてさらに、肌成分コラーゲンをも傷つけてしまいます。
またエアコンによる乾燥もシワの一因になると言われています。
睡眠不足に関しても健康にも良くないですし、なんといっても肌の新陳代謝を妨げてしまいます。
栄養不足や偏食などは過度のダイエットにありがちなのですが、これもまた肌荒れの原因となり、シワの元となります。
メイクが落ちていなかったり、洗顔がちゃんと出来ていなかったりするなど普通のお手入れにもシワの原因に十分なりえます。
肌トラブルは、自分に合わないメイク用品や化粧品を使うと起こってしまうこともあります。
どうしても加齢によるシワは出来てしまいますが、生活習慣、体質や肌質などあらゆる肌の環境が重なって出来るものです。
シワの予防対策は、若いうちから習慣にするといいでしょう。


メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方