顔しわ対策にプチ整形


顔しわ対策には、美容整形という手段も肌のスキンケア以外にあげられます。

この顔しわ対策の方法は、顔の肌にヒアルロン酸やコラーゲンを注入するというものです。

ヒアルロン酸やコラーゲンを注入するプチ整形によって、皮膚を内側から押し上げて、肌の弾力を取り戻す方法があります。

しわを作る表情筋を緩めて顔しわを無くす、プチ整形はボトックス注入法と呼ばれています。

永続性がないのが、これらの顔しわ対策のプチ整形の特徴ですが、そのメリットはその時その時の顔しわの形に対応した処置を施すことができるということです。

メスを使わず顔しわをなくすことができるのが、ヒアルロン酸やコラーゲンの注入による顔しわのプチ整形の良いところです。

わずかな時間で終わらせることができるだけではなく、その日のうちに入浴もでき、プチ整形の施術後でも洗顔や化粧が可能だといいます。

個人差はありますが、その効果は少しずつ失われます。

注入されたヒアルロン酸やコラーゲンは少しずつ肌に吸収されるからです。

少し時間がかかるのが、コラーゲン注入の場合です。

ウシ由来のコラーゲンを使うにはアレルギーテストが必要なので結果が出るまで時間が必要なのです。

顔しわにならない状態を作るボトックス注射は、しわを作る表情筋に作用するものです。

顔のしわの気になる部分に、数カ所に分けてボトックスを注射をするのが、ボトックス注射の施術内容です。

施術後の化粧やその日の入浴も可能です。

効果は3ヶ月〜半年程度続きます。

顔しわの対策には、プチ整形がおすすめです。

とはいっても費用がかかる方法なのであらかじめその内容についてきちんと調べることが大切です。

顔しわ対策には日常生活の改善を


顔しわの対策にとって大切なことは日常生活の改善です。

そして適度な運動は健康にいいと同時にお肌にもいいので、規則正しい生活とバランスのいい食生活は顔しわ対策にもなるのです。

喫煙は健康によくないだけではなく、顔しわにも大きな影響があるものです。

体内の活性酸素を増やすタバコは、体組織や細胞の老化を早めるといわれています。

コラーゲンを生成し肌の調子を整えてくれるビタミンCは、このタバコによってビ破壊されてしまうといわれています。

ビタミンCは抗酸化作用があるので、顔しわの対策に不可欠なものなのですが、喫煙で失われてしまったのでは、顔のしわはますます深くなってしまうでしょう。

睡眠時間の確保も、顔しわ対策に欠かせないポイントです。

肌は一定周期で新しく生み出されていますが、新陳代謝を促すホルモンは睡眠中に分泌されます。

副交感神経が活発化し、肌の再生が促される時間は、特に夜10時から深夜2時までだといわれています。

重要な顔しわ対策のひとつとしていえるのは、副交感神経が活発化する時間に十分に睡眠を取ることです。

寝る前の十分な顔しわのスキンケアも重要です。

スキンケアやクリームの使用によってお肌に潤いを与え、睡眠時間中に肌の奥まで水分がしみ通らせることが可能です。

睡眠不足は、成長ホルモンの分泌を妨げるので、肌の新陳代謝に悪影響を及ぼしてしまいます。

そうすると古くなった角質がたまって分厚くなるばかりです。

肌の再生が遅くなるのが原因です。

古くなった角質が増えると弾力がなくなり、顔しわを引き起こすので、顔しわ対策のためにも十分な睡眠を取るようにしましょう。

乾燥は顔しわの大きな原因


顔しわの大きな原因である乾燥は肌の大敵です。

ヒビ割れが入りやすくなるのが乾燥した肌で、ヒビの隙間から水分や保湿成分が失われ、肌の弾力失われてしまいます。

肌の弾力が乾燥によってなくなり、顔しわができても、なかなか元に戻すことはできません。

肌の乾燥をそのまま放置しておくと、顔の小じわが深いしわになり、元の状態に戻せなくなる可能性があります。

このような肌の乾燥対策は、適度な水分と、肌から水分が出ていかないよう油分を与えるということです。

化粧水や美容液、クリームなどの基礎化粧品による日々のスキンケアが重要です。

特に化粧水は肌の潤いを保ち顔しわを減らすために重要な顔しわ対策の必須スキンケアです。

化粧水が肌の奥まで届くように、コットンに化粧水を含ませ、丁寧にパッティングをすると良いでしょう。

加湿器を使うなどの工夫をして、夏の冷房や冬の暖房による乾燥を防ぐよう、室内の湿度を管理しましょう。

そして顔にしわができる原因を取り除くことが大切です。

もうひとつ、紫外線も顔しわの原因の一つになります。

肌の奥にある保湿成分であるヒアルロン酸やコラーゲンを破壊するので、肌の大敵である紫外線は、皮膚の弾力を損なってしまうのです。

肌を守るためには、紫外線対策を軽視しないことが大切です。

肌の弾力を失うと肌の乾燥が進み、顔しわだけでなく、しみやたるみの原因にもなってしまうからです。

紫外線には当たらないことが一番ですが、やむをえない時はUV対策を施された素材の帽子や日傘などを使い、日焼け止めも効果的に使えば、顔しわの原因である肌の乾燥を防止することができます。
脚痩せるんるん♪美脚の創り方