メイクさんのお肌のお手入れQ&A > お化粧の基礎知識



洗顔前の心得


洗顔は案外自己流で行っていて、その法方について詳しく知っている人は案外少ないかもしれません。
洗顔の正しい方法を知ることが洗顔の効果をアップさせるポイントで、顔を洗う動作そのものには時間はそういりません。
顔を洗うときは、髪が邪魔になってしっかり洗えないようなことのないよう、ヘアバンドなどで髪をまとめあげ、額や耳の前、それから髪の生え際などもきちんと洗えるように準備しましょう。
洗顔前の準備として石けんで手をよく洗ってください。手が汚れていると洗顔料の泡立ちがいまいちなので、手をよく洗うことも洗顔前の準備では大切な事です。
毛穴を開かせるためにぬるま湯を顔全体にかけることから始めます。
この段階で、顔についた軽い汚れやほこりを落としてしまうようにします。
顔全体にぬるま湯をかけておくと、洗顔料がなじみやすくなるという点もあります。
熱すぎるお湯を洗顔に使うと肌が乾燥してしまうことになるので、少し温かいくらいのお湯を使うようにするのがベストです。
入浴時にからだにかけるお湯で顔を洗ってしまう人は、少しの水でぬるめてから使ってください。
その後洗顔料をしっかり泡立てて、できるだけきめの細かい泡を作るため、空気をたっぷり含ませるようにして卵大の泡を作ります。
洗顔では顔をこすってはだめで、泡によって汚れを包み込むようなつもりで取るのがいいのです。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

洗顔料選びは慎重に


洗顔方法を決める前には、まず自分に合う洗顔料を使わなければなりません。
どんな洗顔料を選ぶかによって、洗顔の良し悪しが左右されるのです。
洗顔料の宣伝では、弱酸性の優しさを強調した商品が多いように思えます。
人の皮膚の表面が弱酸性だということに注目して、同じ弱酸性で皮膚への負担を軽くしようとしているのです。
しかし弱酸性の洗顔料を使用したところで、洗い流しに使用される水道水は中性です。
弱酸性にこだわって洗顔しても、洗顔直後の肌はいつも中性であるということです。
人間は肌にアルカリ中和能力というものを備えていて、肌が一時的に中性やアルカリ性になったときでも弱酸性に戻してくれます。
洗顔が終われば化粧水を使うと思いますが、その化粧水は弱アルカリ性なので、その時点で肌は弱酸性に戻ります。
どのような洗顔法方をとる場合でも、とにかく弱酸性を、とこだわって洗顔料を選ぶ必要もありませんし、弱酸性であれば心配ない、というわけでもないということは覚えておきましょう。
洗顔方法の第一として、洗顔料を選ぶ時は酸性かアルカリ性かではなく、自分の肌質に合ったものを選びましょう。
肌質が乾燥肌か、脂性肌か、それとも混合肌かで使う洗顔料も違ってくるのです。
しかししっとりタイプの洗顔料といっても油分もしくは保湿剤が含まれているかの違いで、適度な油分は肌にも良いものの、それが多すぎるとかえって乾燥を招くことになるので気をつけなければなりません。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

ヒアルロン酸化粧水の種類


大手のネットショッピングサイトでヒアルロン酸化粧水を検索すると、なんと数千件もヒットします。
ということはそれだけ多くのヒアルロン酸化粧水があるということになります。
ヒアルロン酸の化粧水には高価な海外化粧品ブランドのものもあります。
逆に手軽にドラッグストアなどで手に入るものもあります。
シートタイプのヒアルロン酸化粧水もコンビニなどで売られています。
人気のあるヒアルロン酸化粧水は、ベタつかす、サラッとしていて、肌がモチモチするタイプの化粧水です。
最近ではコエンザイムQ10やビタミンCも同時に配合しているヒアルロン酸化粧水があり、ヒアルロン酸化粧品の中でもとくに人気のある商品です。
以外な化粧水商品は、ところてん屋さんが作ったヒアルロン酸化粧水です。
ヒアルロン酸に加えて、キレイな湧き水とところてんの元である海草のミネラルが配合されていてそれで保湿をする化粧水です。
化粧水にヒアルロン酸が配合されている男性用の美容商品も多数存在します。
高価なものは10000円以上、安いものだと1000円以下と化粧水の値段もさまざまです。
いろんな種類のヒアルロン酸化粧水があります。
良く考えて、自分に一番合っている物を慎重に選びましょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方