メイクさんのお肌のお手入れQ&A > お化粧の基礎知識



ヒアルロン酸の化粧品について


ヒアルロン酸は化粧水だけでなく乳液、美容液、美容クリーム、美肌パックなど色々な化粧品に利用されています。
化粧品にはヒアルロン酸ナトリウムと表示されています。
それがヒアルロン酸配合の化粧品です。
水に溶けやすく、高い保湿力がある性質がその特徴です。
ヒアルロン酸は肌しみ込みやすく、肌の角質層の水分量を高めながら、触るとふっくらとさせる美肌効果があります。
ですから化粧しなどのスキンケア商品にたくさん利用されている美容成分なのです。
化粧水のほかにも、ヒアルロン酸は入浴剤や洗眼液などにも利用されているようです。
最も大事な肌の組織である真皮は、ムコ多糖類というコラーゲンやエラスチンという物質で作られています。
ヒアルロン酸が、肌の重要な部分である真皮野中に多く含くまれれば含まれるほど、みずみずしく健康的な肌になります。
脊髄のある動物にしか含まれていないばかりか、低音調理が必要なヒアルロン酸は、食べ物から摂取するのは難しい成分だといわれています。
体内で生成されるヒアルロン酸は歳を重ねていく度に減少します。ヒアルロン酸は年齢と友に体内で生成される量が減り、不足する傾向にあります。
ヒアルロン酸を化粧水やサプリメントなどで身体の外から補給するようにしましょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

塗るボトックス化粧品


美容健康雑誌などで、ボトックス注射と同様に、塗るボトックス化粧品も紹介されていることがあります。
市販の塗るボトックス化粧品は、ボトックス成分が含まれている訳ではありません。
ボトックスのような効果が得られるアルジルリンという成分が含まれている化粧品のようです。
この化粧品の価格は1万円前後です。
いつもどおりのスキンケアで手軽にシワが軽減できるので人気を集めているようです。
アミノ酸の一種であるアルジリンは、ボトックスと同じように筋肉動きを麻痺させる効果があります。
これが顔のシワに有効だといわれているのです。
およそ1ヶ月ほどで美容効果が出てくるようです。
適しているのは皮膚の薄い目元などだそうです。
顔にボトックス注射をするのは不安な人や、塗るだけのボトックス化粧品に興味のある方にとても人気があるようです。
今後は皮膚の厚い部分にも塗れるようになるボトックス化粧品も開発中のようです。
具体的な塗るボトックス化粧品の使い方ですが、まず洗顔後に化粧水で肌の状態を整えましょう。
ボトックス化粧品を表情シワがある部分にやさしく塗りこんでいきます。
塗りこんだボトックスは数分で乾きます。
すぐにクリームや乳液、美容液などの保湿化粧品でお肌を保湿しましょう。
毎日のスキンケアと一緒に使える塗るボトックス化粧品はとても便利な一品です。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ

ピーリングジェルの使用頻度


ピーリングジェルは、肌の余分な角質や汚れを落としてくれるのですが、どれくらいの頻度で使うと効果が出るでしょうか。
アメリカなどの外国で使われているピーリングジェルは、一度使用するだけで肌に変化が現れるといわれています。
日本ではフルーツ酸配合のピーリングジェルが使われていますが、この場合効果が出るにはある程度回数を重ねることが必要です。
お肌に与える負担を最小限に抑えながら、じっくりピーリング効果を実感していくものだからです。
日本で使用されるピーリングジェルはピーリングの作用が緩やかなので、洗顔時に繰り返して使うのです。
それにはターンオーバーを正常にしていくような使い方が適しています。
ピーリングジェルを使う頻度は、毎日か、それとも3日に一度か、商品によって違っているのです。
使用方法をよく読んで適切な頻度で使いましょう。 ピーリングジェルを選ぶ際には、ph(ペーハー)に気をつけて比較した方が良いでしょう。
皮膚科では、phが1〜2のケミカルピーリング剤が使われています。
自宅でピーリングを行う際は、ph4〜5のピーリングジェルを選ぶと安全だといわれています。
高濃度でph値の低いピーリングジェルなどは、危険なので絶対に簡単に使うようなことはやめるようにしましょう。

メイクさんのお肌のお手入れQ&AのTOPへ
脚痩せるんるん♪美脚の創り方